ヘアカラートリートメントと比較

ヘアカラートリートメントは、白髪染めとトリートメントが一緒になった非常に優れたアイテムです。
髪や頭皮にダメージを与える事なく、白髪をケア出来るとあって人気があります。

実際、巷には多種多様なヘアカラートリートメントが溢れています。
では、多くの商品の中から、自分に合ったヘアカラートリートメントをどう選べば良いのでしょうか。

こちらでは、ヘアカラートリートメントの比較と失敗しない選び方についてお話ししたいと思います。
まずは比較のポイントを詳しく解説。

それを踏まえ、おすすめのヘアカラートリートメント7種類を徹底比較します。
また、白髪がしっかり染まる使い方や注意点もご紹介しますので、参考にして下さい。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

ヘアカラートリートメント比較のポイントは?

ヘアカラートリートメントに興味があるけど、どれが良いのか分からない。
また、なかなか「これだ!」というヘアカラートリートメントに出会えない。

市販されているヘアカラートリートメントがあまりに多過ぎて、こうした声が多く聞かれます。
まず、失敗なくカラートリートメントを選ぶ方法について考えてみましょう。

ヘアカラートリートメント比較の主なポイントとなるのは次の3つです。

1.色持ち・染まりやすさ:1回でしっかり色が入る?染料の種類は?
2.髪や頭皮への優しさ:髪や頭皮を傷めない?低刺激?
3.美髪効果:毛髪補修成分や頭皮に良い成分が配合されている?

それぞれについて詳しく解説します。

色持ちや染まりやすさ

第一の比較ポイントは、染まりやすさ・色持ちを左右する染料の種類です。
多くの場合、ヘアカラートリートメントに使われているのは、塩基性染料・HC染料・植物染料の3つです。

塩基性染料とHC染料は「合成化学染料」。
植物染料は、クチナシ・ベニバナ・ウコンなど、植物由来の色素である「天然染料」です。

化学染料と聞くと、刺激が強いのでは?と思われるかもしれません。
しかし、塩基性染料とHC染料は、一般的な白髪染めに含まれている酸化染料と違い、染まりが良いのに頭皮や髪に優しいのが特徴です。

一方、天然染料は合成化学染料よりもさらに穏やかな成分です。
ただし、発色と色持ちが十分とは言えません。

そのため、多くのカラートリートメントには「天然染料」と「合成化学染料」の両方が使われています。
色持ち・染まりやすさを求めるなら「合成染料」、刺激の少なさを重視されるなら「天然染料」の配合量や種類に注目しましょう。

髪や頭皮に優しい?

もう一つ、比較のポイントとなるのがph値です。
ph値は、白髪の染まりやすさと色持ち、そして髪や頭皮への優しさに関係しています。

pH値(0〜14)が低いほど酸性、高ければアルカリ性。
アルカリ性の方が染まりは良いのですが、髪や頭皮へのダメージは大きくなります。

ちなみに、一般的な白髪染めカラーは高アルカリ性(pH10〜12)。
髪や頭皮は弱酸性なため、染まりやすさと髪への優しさのバランスを考えると、中性〜弱アルカリ性(pH6〜8)が理想です。

また、注意すべき成分にジアミンで、一般的な白髪染め剤に広く使用されています。
しかし、アレルギーのリスクがあり、髪や頭皮に対する刺激が非常に強いのが特徴です。

ヘアカラートリートメントの中には、このジアミンが含まれているものがあります。
髪や頭皮に優しい、ノンジアミンの商品である事をしっかり確認しましょう。

美髪効果は?

ヘアカラートリートメントには、美髪効果の高い成分が配合されています。
つまり、使うほどに髪が美しくなる白髪染めなのです。

より高いトリートメント効果を期待されるなら、ダメージ補修成分や保湿エキスが多く配合されたタイプを選びましょう。
代表的な美髪成分には、各種ミネラルやアミノ酸、海藻エキスやアルギン酸などがあります。

これらの成分がキューティクルを補修する事で、白髪染め後にありがちな髪のキシミもなく、指通りの良い仕上がりになるでしょう。
また、ホホバオイルや昆布エキスなど保湿成分が豊富なタイプは、トリートメント効果が高く髪や頭皮がしっとり潤います。

もちろん、各商品によって髪をいたわる成分の種類や配合量は様々です。
パッケージの表示等で、美髪成分をよく比較するようにしましょう。

ヘアカラートリートメント7種類を比較

ヘアカラートリートメント7種類を比較

人気のヘアカラートリートメント7種類を徹底比較します。
比較項目は次の5つ、各5点満点です。

  • 総合評価
  • 色持ち・染まりやすさ
  • 配合成分(髪や頭皮への優しさ度)
  • 美髪効果
  • 放置時間(待ち時間の短さ)

使い勝手の観点から、放置時間の短さも重要な項目です。
ヘアカラートリートメント比較のポイントは?で解説した3項目+放置時間、計4項目から総合評価を判定しました。

また、それぞれのヘアカラートリートメントの基本情報や特徴もご紹介します。
使い続ける事が前提のヘアカラートリートメントですから、コストやカラーバリエーションを把握しておく事も大切です。

ミディアムヘア1回あたり(50g)の目安価格や、カラーライナップ等の比較情報も併せて記載します。
なお、購入にあたっては、事前に公式サイトで最新情報のご確認をお願いいたします。

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

項目 点数
総合評価 4.25点
色持ち・染まりやすさ 5点
配合成分 5点
美髪効果 4点
放置時間 3点

基本情報

・染料→塩基性染料、HC染料、天然染料(シコン・クチナシ・ウコン・アナトー)
・配合成分→利尻昆布エキス、ローズマリーエキスなど28種類
・ジアミン→無添加
・香料→無添加
・カラーバリエーション→ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ブラック
・コスパ→ 内容量 200g、通常価格3000円、ミディアムヘア1回あたりのコスト750円
・価格と送料→初回WEB限定価格2000円、送料500円、2本セットは送料無料

利尻ヘアカラートリートメントは、無添加カラートリートメントの草分け的存在です。
刺激の強いジアミン、パラベン、鉱物油は無添加。

ノンシリコンで無香料の髪や頭皮に優しい白髪染めです。
その他のヘアカラートリートメントと比較して、ピカ1の染まりやすさ・色持ちの良さが特徴的。

頭皮に優しい弱酸性(ph6〜8)、利尻昆布エキスと28種類の植物由来成分が髪を優しくいたわります。
放置時間は10分。

公式サイトで購入し、到着後10日以内で未開封の場合に限り返品可能です。

マイナチュレ ヘアカラートリートメント

マイナチュレ白髪用カラートリートメント

項目 点数
総合評価 4.25点
色持ち・染まりやすさ 5点
配合成分 5点
美髪効果 4点
放置時間 3点

基本情報

・染料→塩基性染料 HC染料
・配合成分→アシタバ葉、ゴボウ根、ホホバオイル アルガンオイルなど
・ジアミン→無添加
・香料→無添加
・カラーバリエーション→ブラウン・ダークブラウン 
・コスパ→ 内容量 200g、通常価格3,980円、ミディアムヘア1回あたりのコスト995円
・価格と送料:
初回限定 3000円 2回目以降は3380円、送料750円
お得な2本定期便は32%offの5408円、送料無料

マイナチュレヘアカラートリートメントはちょっと珍しい、オールインタイプの白髪染め。
白髪ケアだけでなく、スカルプケア、ヘアケア、エイジングケアが同時に出来るのがウリです。

ジアミン系薬剤やタール色素、過酸化水素は無添加。
原料は、植物由来の成分が約94%と、頭皮や髪への優しさにこだわっています。

また、優しいだけでなく染まりが良いのも特徴です。
放置時間は10分。

2018年発売とまだ新しい商品ですが、非常に注目され、一時は手に入りにくいほどでした。
現在は公式サイトにて購入が可能です。

他と比較して価格がやや高いのが難点。
30日間返金保証付きで安心です。

ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプ ヘアカラートリートメント

項目 点数
総合評価 4.25点
色持ち・染まりやすさ 4点
配合成分 5点
美髪効果 5点
放置時間 3点

基本情報

・染料→塩基性染料、HC染料、天然染料(ベニバナ、クチナシなど)
・配合成分→ガゴメ昆布エキス(wフコイダン)、植物精油、ヒアルロン酸など
・ジアミン→無添加
・香料→無香料
・カラーバリエーション→ダークブラウン ブラウン モカブラウン ソフトブラック
・コスパ→ 内容量 200g、通常価格3000円。ミディアムヘア1回あたりのコスト750円
・価格と送料→初回WEB限定・39%offの1833円、送料500円、2本セットは送料無料

ルプルプは、潤い成分に特徴のあるヘアカラートリートメントです。
昆布エキスの中でも、特に保湿力に優れたフコダインを2種類配合した「wフコダイン」処方。

髪はもちろん、頭皮の角質層までしっかり潤い成分が届きます。
髪や地肌の乾燥にお悩みの方も安心して使える白髪染めです。

また、フコダインには薄毛改善効果もあると言われてます。
弱アルカリ性(ph8)で髪に優しいのに1回で白髪が良く染まる、バランス良さもポイント。

放置時間は一般的な10分です。
赤みのないカラー(モカブラウン・ソフトブラック)があるのも魅力的。

白髪染め特有のイヤなニオイもなく、ラベンダーやオレンジオイルの優しい香りに癒されます。

レフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラー

レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー

項目 点数
総合評価 3.75点
色持ち・染まりやすさ 4点
配合成分 4点
美髪効果 4点
放置時間 3点

基本情報

・染料→塩基性染料 HC染料 天然染料(クチナシ、アナトー)
・配合成分→アロエ、カンゾウ、ケラチン、コラーゲン、浸透型アミノ酸
・ジアミン→無添加
・香料→無香料
・カラーバリエーション→ダークブラウン、ライトブラウン、マロンブラウン、ローズブラウン、ナチュラルブラック
・コスパ→ 内容量 300g、通常価格3334円、ミディアムヘア1回あたりのコスト555円
・価格と送料→送料600円、定期コースなら送料無料で継続割・おまとめ割など特典あり

ヘッドスパと白髪染めが同時に出来るレフィーネヘッドスパ トリートメントカラー。
ドイツ産の「ファンゴ」という泥や、センブリやトウガラシなど7種類の育毛成分が配合されています。

トリートメント剤を使って、そのまま頭皮マッサージをしてみましょう。
サロンのヘッドスパに負けない頭皮ケアが自宅で出来る贅沢!

白髪をケアしながら頭皮環境を整え、薄毛の悩みにもこたえてくれます。
モンドセレクション受賞・ランキングサイトで連続1位を獲得するのも納得です。

ph値7で地肌にも優しく、妊婦さんも安心して使えるほど低刺激。
放置時間は10分です。

5種類の色を組み合わせて、好みのカラーアレンジが可能なのもポイント!

PORA グローイングショット カラートリートメント

POLA グローイングショット

項目 点数
総合評価 3.25点
色持ち・染まりやすさ 3点
配合成分 3点
美髪効果 3点
放置時間 4点

基本情報

・染料→塩基性染料、HC染料
・配合成分→セラミド、アミノ酸、トチャカエキス
・ジアミン→無添加
・香料→有り
・カラーバリエーション→ブラック、ブラウン
・コスパ→ 内容量 200g、通常価格2900円、ミディアムヘア1回あたりのコスト725円
・価格と送料→送料無料

グローイングショット カラートリートメントは、老舗化粧品メーカーPORAの商品です。
こちらの特徴は、その他の商品と比較して放置時間が5分と短い事でしょう。

PORA独自のこだわり処方によって、短時間で髪の内側と外側からしっかり染まります。
また、セラミドなどの保湿成分が傷んだキューティクルを補修。

年齢と共にボリュームの減ってくる髪に、ハリとコシを与えてくれます。
香りは爽やかなシトラス系。

シャンプーや、ピンポイントケア用の白髪隠しなども揃い、ライン使いが可能です。

ラボモ スカルプアロマ ヘアカラートリートメント

ラボモ スカルプアロマ ヘアカラートリートメント

項目 点数
総合評価 3.5点
色持ち・染まりやすさ 3点
配合成分 3点
美髪効果 3点
放置時間 5点

基本情報

・染料→塩基性染料、HC染料
・配合成分→ガゴメエキス、ホホバ種子オイル、カンカエキスなど
・ジアミン→無添加
・香料→有り
・カラーバリエーション→ナチュラルブラック、ダークブラウン、ブラウン
・コスパ→ 200g、通常価格3000円、ミディアムヘア1回あたりのコスト725円
・価格と送料→送料500円、2本購入で送料無料、定期購入で2700円+送料無料

放置時間たったの3分!比較した7種類の商品の中で最短です。
ラボモ スカルプアロマ ヘアカラートリートメントは、忙しい方にぴったりの白髪染めトリートメント。

髪のスペシャリスト「アートネイチャー」のサロンでも使用され、実績は折り紙つき。
海藻成分・ガゴメエキスや、ホホバオイル、オリーブの果実エキスなど、植物性の潤い成分が12種類配合されています。

また、血行促進や育毛効果があるカンカエキスが、頭皮の健康を優しく守ります。

髪萌 カラートリートメント

髪萌

項目 点数
総合評価 3点
色持ち・染まりやすさ 2点
配合成分 3点
美髪効果 3点
放置時間 4点

基本情報

・染料→塩基性染料、HC染料、天然染料(クチナシ)
・配合成分→髪の保護成分 ガゴメ昆布、アロエ、ローズマリー、ツバキオイルなど
・ジアミン→無添加
・香料→有り
・カラーバリエーション→ナチュラルブラック、ダークブラウン、ブラウン
・コスパ→200g、通常価格2400円、ミディアムヘア1回あたりのコスト600円
・価格と送料→ 初回・定期WEB限定20%オフ1920円(2回目以降2160円)+送料600円

髪萌ヘアカラーは、3種類の植物性オイル、12種類の植物成分を配合した髪や頭皮に優しいカラートリートメントです。
植物由来の保湿成分が、地肌に栄養と潤いを与え、頭皮を健やかに保ちます。

低刺激で香りも穏やかなため、ストレスなく白髪のケアが行えるでしょう。
放置時間は5分と短いのですが、他のカラートリートメントと比較しすると、発色がやや物足りないという声が聞かれます。

というのも、こちらは「髪萌カラーアップ」でしっかり白髪を染めた後に使う、ケア用品という位置づけの商品のようです。
単体では染まりが…という方は、商品のw使いをしてみると良いでしょう。

なお、30日以内であれば開封後でも返品可です。

ヘアカラートリートメントと白髪染めカラーの比較・違いは?

ヘアカラートリートメントと白髪染めカラーの比較・違い

ここまで、ヘアカラートリートメントの比較や選び方についてお話ししてきました。
では、一般的な白髪染めカラーとヘアカラートリートメントはどう違うのでしょうか。

最も大きな違いは、白髪を染める仕組みです。
髪に優しいヘアカラートリートメントと、一般的な白髪染めカラー。

2つの白髪染めの特徴や違いを比較します。

白髪染めカラーは刺激が強くて危険?

2剤式の白髪染カラーは、1度でしっかり白髪が染まります。
しかし、頭皮や髪に対する刺激が強く、身体に悪影響を与える危険な物質が配合されているのです。

白髪染めカラーで白髪が良く染まるのは、ジアミン系の薬剤やブリーチ剤、過酸化水素などの働きによるもの。
これらの物質はキューティクルを無理やり開き、髪を脱色した後、毛髪内部までしっかり染料を浸透させます。

ところが、ジアミン系の薬剤は毒性が強く、頭皮がピリピリしたりかぶれを起こす事も多い上に、アレルギーの原因物質でもあります。
また、ブリーチ剤や過酸化水素は髪に大きなダメージを与え、抜け毛が増えたり髪がパサつきます。

つまり、白髪染めカラーは髪への負担が大きく、ヘアカラートリートメントと比較にならないほど髪や頭皮を傷めるのです。

ヘアカラートリートメントは安全?

ヘアカラートリートメントは天然由来の成分やHC染料など、穏やかな成分で作られた白髪染めです。
白髪染めカラーと比較して、安全性の高い白髪染めと言えるでしょう。

髪を染める仕組みも、化学反応に頼るのではなく天然由来の植物性色素をメインに使用。
キューティクルをこじ開けるような事はせず、髪の表面にイオンの力で色素を定着させます。

ジアミン・脱色剤・過酸化水素など刺激の強い成分はもちろん無添加。
ヘアカラートリートメントは、敏感肌の方やアレルギー体質の方も、素手で使えるほど安心安全な白髪染めです。

ヘアカラートリートメントのメリット・デメリット

ヘアカラートリートメントのメリットとデメリットをまとめます。

メリット

  • 髪や頭皮の負担が少ない
  • 敏感肌、アレルギー体質の方も使用可能
  • 使い方が簡単で失敗がない
  • 準備や後片付けが不要
  • トリートメント効果が高い
  • 育毛作用など+αの効果が期待出来る商品もある
  • 無香料または優しい香り

デメリット

  • 最初は色が入りにくい商品がある
  • シャンプーすると色落ちする
  • 週1回以上のペースで継続して使用する必要がある
  • 商品によっては放置時間が長い

このように、ヘアカラートリートメントは、デメリットよりメリットが多い魅力的な白髪染めです。
髪や頭皮をいたわりながら白髪をケアする事ができ、失敗もありません。

ただし、白髪染めカラーと比較すると、発色や色持ちはやや劣ります。

ヘアカラートリートメントは普段使いに最適?注意点は?

ヘアカラートリートメントは、髪にダメージを与えず、自宅で好きな時に白髪ケアが行えるアイテムです。
使用間隔で色味の調整が可能ですし、リタッチも全体染めもOKで幅広い使い方が出来ます。

まさに普段使いに最適な白髪染めと言えるでしょう。
しかし、白髪染めカラーと比較すると染まりや色持ちに難があります。

これを解決して、白髪をしっかり染めるポイントは次の3つです。

1.30分待つ

パッケージの表示に関わらず、30分は放置時間をとりましょう。
少し長く感じますが、発色も色持ちもぐっと良くなります。

2.3回続けて使用

満足いく仕上がりにならなかった場合、続けて3回使用します。
低刺激だからこそ出来る技、これでしっかり白髪が染まるはずです。

3.色選びの注意点

白髪を全体に馴染ませたい時は黒やブラウンなどの暗い色。
逆手にとって白髪をアクセントにする場合は、赤やオレンジなどの明るめの色を選びましょう。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

ヘアカラートリートメントの比較のまとめ

ヘアカラートリートメントの比較のまとめ

ヘアカラートリートメントの比較と失敗しない選び方についてお話ししてきました。
髪や頭皮に優しいヘアカラートリートメントは、白髪染めのメインアイテムになりつつあります。

それだけに、数多くの商品が販売され、いわば乱立状態、
こうした中から、自分にぴったりの商品を見つけるのは簡単な事ではありません。

白髪に関するお悩みは人それぞれです。
また、白髪をどんな風に染めたいのか、成分へのこだわりなども人によるでしょう。

失敗なく自分の希望に合ったヘアカラートリートメントと出会う近道は、しっかり比較する事。
お気に入りの1本を見つけるために、ぜひ当サイトの「人気の7種のヘアカラートリートメント比較」をご活用下さい。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。