白髪と女性ホルモン

白髪が急に増える原因は、女性ホルモンが減少する事も一つの原因と考えられています。
特に、出産後に急激に白髪が増えてしまうのは、女性ホルモンが急激に減ってしまう事が関係してあると分かっているのです。

女性ホルモンは、髪の毛の生成と大きく関わっているため、元々女性ホルモンが多い女性はその影響が大きいと分かっています。
そこで今回は、女性ホルモンと白髪について記載していきます。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

女性ホルモンが減少すると白髪が増える

女性ホルモンは髪の毛の生成に大きく関わっているため、減少してしまうと白髪が増える事が分かっています。
多くの場合は、年齢と共に減っていきます。

30代から50代にかけて女性ホルモンが減ると同時に、白髪や抜け毛が増えていく事が多いのです。
しかし、女性ホルモンと白髪の直接的な関係はありません。

白髪が生えてしまうのは女性ホルモンの減少により、メラノサイトの機能が低下してしまうためだと言えます。
女性ホルモンが減少してメラノサイトの機能が低下してしまうと、生まれたばかりの白い産毛に黒く着色するという作用が働かなくなってしまうのです。

更年期によって女性ホルモンが一気に減ると、白髪が同時に増えてしまう事もあるようです。
白髪の原因は年齢的なものと考えられていますが、実はホルモンバランスの減少による白髪の増加も考えられます。

生理不順が女性ホルモンを乱し白髪を増やす

生理不順の女性はホルモンバランスが崩れているため、白髪が増えやすくなります。
女性に白髪が増える年齢は、40代から50代と言われています。

しかし、生理不順で女性ホルモンのバランスが極端に崩れてしまうと、メラノサイトの機能も低下してしまいます。
そのため、20代や30代で白髪が急増してしまうケースも多く増えているのです。

女性ホルモンが減る事は白髪が増えるというリスクだけではなく、更年期障害のような症状が出る事もあります。
つまり、生理不順によるホルモンバランスが崩れると、健康的な髪が入るためのメラノサイトという機能が低下してしまいます。

そのため、年齢に関係なく白髪が増えてしまうと言えるのです。
生理中にしっかり栄養素を行き渡らせるために、多くのビタミンやミネラル、そして鉄分を多く取って体の隅々まで栄養素を運ぶ工夫をすると良いでしょう。

生活習慣の乱れが女性ホルモンを減らし白髪を増やす

白髪は年齢的なものや遺伝が原因だと昔は考えられていました。
しかし、現在は生活習慣と女性ホルモンが大きく関わっているという事が分かっています。

ですから、日頃から暴飲暴食を続けていたり慢性的な睡眠不足、過度のストレスを感じたり、アルコールやタバコを取っていると、生活習慣が乱れるのです。
すると、必然的にホルモンバランスが崩れて、健康的な髪が生えるメラノサイトの機能が低下してしまいます。

過度なストレスを感じると体は緊張状態となり、血管が収縮してしまいうのです。
すると、自律神経が乱れてホルモンバランスも崩れる事となり、メラノサイトの機能が低下してして白髪が増えてしまいます。

ですから、ホルモンバランスが崩れないためには、日頃からストレスを発散して全身の血行を良くする必要があるのです。
そして、健康的な髪に必要な栄養素を多く取り、全身に必要な栄養素を行き渡らせる工夫をする必要があります。

女性ホルモンが減ると陰毛の白髪が増える

女性ホルモンが減ると陰毛の白髪が増える

女性ホルモンが減ると、自律神経が乱れるために興奮状態となり、交感神経とリラックス状態の副交感神経のバランスが乱れてしまいます。
すると、陰毛の白髪が増えてしまうのです。

健康な状態というのは、程よく緊張状態が続く交感神経があり、その後にリラックス状態の副交感神経が働くというバランスが整っている状態になります。
しかし、常に緊張していたりストレスが多い状態が続くと、交感神経ばかりが働いて体が緊張状態となるのです。

すると、女性ホルモンが減少して健康的な髪が作られるメラノサイトの働きが低下して陰毛の白髪になってしまいます。
女性ホルモンの減少による陰毛の白髪の増加を予防するためには、まず健康的な髪に必要な栄養素をしっかり摂る事です。

そして、適度な運動をして血行を促進させる必要があります。
また、慢性的な睡眠不足を解消して良質な睡眠を心がけてストレスを解消する事も大切です。

女性ホルモンが減り白髪になると不妊の原因に?

白髪になると不妊の原因になるの

不妊の女性は白髪になりやすいという言葉をよく聞きます。
しかし、それは女性ホルモンのバランスが崩れたために白髪が増えたという事です。

つまり、不妊だから白髪が増えたというわけではなく、ホルモンバランスが崩れて女性ホルモンが減少した事による白髪の増加と言えるでしょう。
そして、不妊症だから必ず白髪になるというわけではなく、不妊と白髪は医学的に直接関係はありません。

ですから、不妊治療中に白髪が出来てしまったから、もう妊娠を諦めなければいけないというわけでもありません。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪と女性ホルモンのまとめ

白髪と女性ホルモンのまとめ

医学的には、女性ホルモンと白髪が増える事は関係がないと考えられています。
ホルモン女性ホルモンが 減少すると健康的な髪が作られるメラノサイトの働きがの機能が弱まるという事が分かっています。

つまり、女性ホルモンが減少したから、すぐに白髪が生えるという直接的な因果関係はありません。
少なからずホルモンバランスの減少が、白髪の増加に関係がある事は間違いないのです。

ホルモン女性ホルモンの減少による白髪の増加を予防するためには、生活習慣を見直してみましょう。
健康的な食生活、良質な睡眠、そして適度な運動、ストレス解消を心がけて、全身の血行を良くして隅々まで必要な栄養素行き渡らせる必要があります。

また、生理不順の場合は年齢が若い時でも、ホルモン分泌量の減少により白髪になる可能性が高いので、早めに産婦人科で治療すると良いでしょう。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。