白髪とクルミ

白髪を予防したい!とは思っているものの、何から始めたら良いのか分からないという人は多くいます。
例えば、白髪に良いと言われる栄養素を知っていても、どんな食材を食べるのが正解かは分からないですよね。

今回はそんな人のために、抗がん作用・認知症・心臓血管の健康にも良いといった研究結果が出ているスーパーフードのくるみをご紹介したいと思います。
くるみに含まれる栄養がどう白髪に役立つのか、くるみは1日にどのくらい摂取すれば良いのかなどもご紹介しましょう。

ぜひ参考にしてみて下さい。

なぜくるみが白髪の予防に役立つの?

くるみは、人間の健康維持に役立つ多様な栄養をバランス良く持った食材です。
その中でも、抗酸化物質・オメガ3脂肪酸・胴は、特に白髪予防への効果を期待出来るでしょう。

なぜなら、これらの栄養素は白髪の原因とされる老化の対策に役立つ可能性が高いからです。
ただし、くるみを食べたからといって白髪を完全に止められるわけではありません。

他にも、生活習慣を整えつつ、身体を健康に保ちながら白髪の発生速度を遅らせられるようにしましょう。
それでは次に、1つ1つの栄養素が具体的にどう白髪予防に役立つのかをご紹介していきます。

くるみの抗酸化物質は白髪予防を手助けする

くるみには、ポリフェノール・ビタミンEなどの抗酸化物質や、癌や老化などにも影響を与えるメラトニンと呼ばれるホルモン成分が多く含まれています。
こう言ったくるみの抗酸化作用は、年齢を重ねると共に蓄積された酸化ストレスから髪の色を作り出す細胞を守り、老化による白髪を予防してくれるのです。

特にポリフェノールは、含有量が多いとされている赤ワイン1杯分よりもクルミひとつかみの方が多く摂取出来ます。
そのため、アルコールが苦手な人には有効な食材だと言えるでしょう。

くるみのオメガ3脂肪酸は生活習慣病を改善して白髪を防止

オメガ3脂肪酸は、ナッツ類の中ではくるみに1番多く含まれている栄養素です。
生活習慣病と呼ばれる、心臓病・癌・高血圧・糖尿病・肥満などに効果があるとされています。

生活習慣病は、結果的に老化が促進される事で病気も進行してしまうのです。
そのため、白髪を予防するためにもオメガ3脂肪酸は必要だと言えるでしょう。

また、体内で生成できないこれらの栄養素は成人男性であれば1日2.0g~2.4g、成人女性は1日1.6g~2.0gを摂取すれば良いようです。

くるみは白髪に有効な胴も含んでいる

銅には、チロシナーゼと呼ばれる髪の色素を生成するのに必要な栄養素が含まれています。
そのため、白髪予防のためには銅を含むくるみを食べるのも有効だと言えるでしょう。

ただし、チロシナーゼは単体ではその効果を発揮しません。
ですから、チーズや高野豆腐に多く含まれるチロシンも一緒に摂取する事が重要になります。

どちらの栄養素も、基本的な日本人の食習慣を送っていれば不足する事はないものです。
しかし、最近食生活が乱れているなと感じている人は、意識的に摂取するようにしてみて下さいね。

では次に、そんな白髪や体の健康に役立つくるみの1日あたりの摂取量についてご紹介していきます。

くるみは1日どの位の量を摂取すれば白髪に良い?

くるみはどのくらい摂取すれば白髪に良いのか

一般的には、1日にひとつかみ(約28g:7~8粒ほど)程のくるみを食べれば、効果は十分に受けられると言われています。
栄養は1日に摂り過ぎても、余計な量は排出されてしまうのです。

そのため、白髪のためにも適切な量を守って食べるようにしましょう。
また、どんなに健康的な食材を継続的に摂取しても、身体の老化は毎日進み白髪の発症リスクは高まってしまいます。

ですから、どうしても生えてきてしまう白髪はくるみだけに頼らず、頭皮や髪へのダメージを抑えて白髪を染めてくれるルプルプや利尻のヘアカラートリートメントを利用した方が良いでしょう。

白髪のためにくるみを過剰摂取してはいけない理由

くるみは過剰摂取してしまうと、下痢・便秘・アレルギーの発症などを引き起こしてしまう可能性があります。
一度に大量に食べたからと言って劇的に白髪が減るという効果は全く無いので、食べ過ぎには気を付けるようにしましょう。

ただし、くるみは小分けされてないタイプもあり、袋に入っている量をそのまま知らないうちに食べ過ぎてしまう場合もあります。
ですから、毎日食べるのであればひと掴みずつのクルミを始めから取り分けて、計画的に食べれるように管理しましょう。

白髪予防のためにオススメなくるみの食べ方や保存方法

白髪予防に役立つくるみを継続的に食べ続けるためにも、クルミの食べ方や保存方法を事前に知っておきましょう。

【食べ方】

くるみは、非常に用途の多い食材です。

そのままおつまみとして食べても、サラダ・スープ・ソース・デザートなど様々な料理に利用しても良いでしょう。

【保存方法】

密閉できる容器に入れて、数か月の場合は冷蔵保存・半年以上の場合は冷凍保存するようにしましょう。
剥き実であれば、1年間は問題なく食べられます。
また、殻付きの場合は殻をつけたまま日の当たらない場所で保存して、数か月程度で食べきるようにすると良いでしょう。

くるみと白髪予防のまとめ

くるみと白髪予防のまとめ

くるみは、身体の健康のために必要な栄養素がたくさん詰まった食材です。
中でも、抗酸化物質・オメガ3脂肪酸・胴の3つの栄養素は、それぞれアンチエイジングに有効な栄養素のため、白髪の原因でもある老化現象から身体を守ってくれる可能性が高いのです。

ただし、どんなに身体に良い栄養素でも完全に白髪が生えてくるのを止める事は出来ません。
くるみは適切な量を守って継続的に食べつつ、生えてきた白髪はヘアカラートリートメントなどで染めて対応するようにして下さいね。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。