薬の副作用と白髪

白髪は様々な原因で出来るものです。
普段の生活に気を付ける事である程度対策出来るものもあれば、自分自身の努力だけでは対処しようのないものもあります。

対処が難しい原因の1つとして挙げられるのが、薬の副作用です。
病気を治療するために使った薬の副作用によって、新たな白髪が生えてくる事があります。

副作用で白髪が出来るからといって、薬を使わないというわけにはいきません。
しかし、白髪に影響する薬の種類について知っておく事は悪い事ではないでしょう。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

薬の副作用で白髪が出来る事もある

薬の副作用によって頭皮や毛髪に影響が及び、白髪が出来る可能性が高い場合、使用前に医師から説明があるのが一般的です。
そのため、副作用に関する知識がなくても白髪のリスクについて知る事が出来ます。

白髪が出来る事を覚悟した上で治療に臨めるわけです。
しかし、明確に副作用とは言い切れないものの、使う事で白髪に影響が出る事がある薬も存在します。

使用後に白髪が出来る可能性のある薬として知られているものは以下の通りです。

抗がん剤は副作用で白髪が発生する薬なのか?

がん治療に使われる抗がん剤は、一般的な薬と比較すると副作用の強い薬です。
治療中の人の髪の毛が副作用で抜け落ちる事からも分かる通り、頭皮や毛髪に大きな影響を与えます。

抗がん剤の投与が終われば毛が抜ける状態は解消されますが、抜け落ちた後で生えてくる髪の毛が白髪になる可能性は結構高いのです。
ただし、抗がん剤の副作用で出来た白髪は一生そのままという事は少なく、時間経過で元の黒髪に戻るケースが大半のようですね。

抗うつ剤として使われる薬の副作用で白髪は生える?

抗うつ剤として使われる薬の副作用でも白髪が生えてくる可能性はあります。
抗がん剤と比べると個人差は大きいようですが、使い始めてから白髪が増えたと感じる事もあるでしょう。

また、神経過敏や情緒不安定など抗うつ剤の他の副作用によって、通常よりストレスを感じやすい状態になる点にも注目です。
ストレスは白髪が増える主な原因の1つ。

そのため、ストレスを感じやすくなると、それだけ白髪が生える可能性も高くなるでしょう。
生えてきた白髪にストレスを感じて白髪の増える原因となる悪循環に陥る事も考えられます。

抗がん剤・抗うつ剤以外の薬の副作用で白髪が出来る可能性

抗がん剤・抗うつ剤以外の薬の副作用でも白髪が出来る事はあります。
副作用として白髪が出来る事に医学的な根拠がない薬もありますが、白髪が生えてきた経験をしている人がいる事は確かです。

医師から説明がなかったとしても、白髪の出来る可能性を考えなければなりません。
また、直接副作用による影響がないとしても、巡りめぐって白髪の増加に繋がる事は有り得ます。

鎮痛剤とピルは、使った後に白髪が増えたという体験談が比較的多い薬です。

鎮痛剤

鎮痛剤は頭痛や歯痛など、様々な痛みを抑えるために使う薬です。
深刻な病気以外にも使う薬なので、普段の生活で使う機会もあるでしょう。

鎮痛剤の副作用として白髪が出来る医学的根拠は現在のところ見つかっていないようですが、実際に白髪が出来てしまう人はいます。
そのため、鎮痛剤を使う事によって頭皮や毛髪に何らかの影響が及び、白髪の原因となっている事が考えられます。

確かな根拠がないからといって、白髪が出来る可能性に目をつぶるわけにはいきません。
白髪の増加を防ぐためにも、鎮痛剤の使い過ぎには注意しましょう。

ピル

ピルは副作用として白髪が出来る薬として認められているわけではありません。
しかし、ピルを服用すると体内のホルモンバランスが変化するため、その影響で白髪が出来てしまう事もあるでしょう。

ホルモンの中には髪の毛の成長に関して重要な役割を果たすものもあるからです。
また、ホルモンバランスの乱れは、頭皮環境の悪化にも繋がりがち。

そのため、白髪や抜け毛など髪の毛に関するトラブルに繋がるリスクも考慮しなければなりません。

薬の副作用で増えた白髪を染めて目立たなくする

薬の副作用で増えた白髪を染めて目立たなくする

薬の副作用で増えた白髪を元に戻す事はなかなか難しいものです。
薬の使用をストップすれば黒髪に戻る確率は高いと思われます。

しかし、病気の治療中に薬を使わないというわけにもいかないでしょう。
つまり、薬の副作用で増えた白髪は目立たなくする方向性で対処する必要があります。

短くカットするという方法もありますが、オススメは白髪を黒く染めてしまう事です。
トリートメントの白髪染めを使えば、手軽に白髪を染める事が出来ます。

トリートメントの白髪染めは薬の副作用のカバーにぴったり

トリートメントの白髪染めは、薬の副作用で出来た白髪をカバーするのにピッタリです。
黒く染められるという事はもちろん重要ですが、頭皮に優しいというメリットもあります。

病気の治療中は頭皮も荒れがちですから、負担をかけずにカラーリング出来るのは嬉しい点と言えるでしょう。
天然由来の成分を使っているものが多いので、薬との相性を気にせずに使いやすいというのもオススメのポイントです。

トリートメントの白髪染めは大半の薬と併用可能ですが、気になるのであれば医師に相談してから使うと良いでしょう。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪と薬の副作用のまとめ

白髪と薬の副作用のまとめ

薬の副作用によって白髪が出来る事はあります。
副作用である根拠はないものの、白髪に影響している疑いの強い薬もあるので注意が必要です。

また、他の副作用にストレスを感じる事が、白髪の増加に繋がるケースもあるでしょう。
とは言え、白髪を防ぐために薬を使う事を諦めるわけにはいきません。

薬の副作用で白髪が出来てしまった場合は、元に戻す事よりも隠す事を考えましょう。
トリートメントの白髪染めなら肌へのダメージを抑えつつ、しっかり染色出来ます。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。