汚れない白髪染め

自宅で白髪染めを行う際の困りごとNO.1と言えば、「汚れ」ではないでしょうか。
セルフカラーなら、気になった時に自宅で白髪を染める事が出来ます。

しかし、どうしてもお風呂場や洗面台、衣類やタオルなどに汚れの問題が付きまといます。
さらに、地肌や手に付いた白髪染めはとても落としにくいもの。

汚れないようにするためには、それなりの準備、そして後片付けが必要です。
また、汚れを気にしながらの白髪染めは、正直面倒という声も多く聞かれます。

こちらでは、白髪染めでお風呂が汚れない方法についてお話したいと思います。
ついた汚れの落とし方や、「汚れない白髪染め」も紹介しますので参考にして下さい。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

汚れない白髪染めのポイントと掃除の仕方

最近は、市販の白髪染めを使って自宅でセルフカラーをされる方が増えています。

一般的な白髪染め剤は、ドラッグストアやスーパーなどでも購入出来ますし、価格も手頃です。
ただ、2剤式の白髪染めカラーには、お風呂場や皮膚が汚れるというデメリットがあります。

注意したにも関わらず、壁などに飛び散って困った!
上手く落とせなくてシミが残ってしまった、という経験をされた方も多いのではないでしょうか。

では、お風呂場や道具、自分自身が汚れない白髪染めの方法とは何なのか?
汚れない白髪染めのポイントやお掃除のコツ、白髪染めの選び方についてまとめます。

白髪染めで汚れない染め方とは?

白髪染めで汚れない染め方

多くの方がお悩みの、白髪を染める際の「汚れ」問題。
明るめの色が多いお風呂場の床や壁などに、染料が付着すると非常に目立ちます。

そもそも、白髪染めカラーは白髪を濃い色に染めるためのものです。
さらに、各メーカーは「より染まりやすく、色落ちしにくい白髪染め」を開発する努力をしています。

そのため、白髪染め剤はどこに付いた場合も、すぐに色移りする上にとても落としにくいのです。
しかし、事前の準備や手順の工夫で、ある程度の汚れは防止する事が出来ます。

白髪染めで汚れないための、予防法や染め方のコツを具体的にご紹介しましょう。

白髪染めで汚れないための準備・予防法

白髪染めの汚れを考える上で、一番のポイントは予防です。
細心の注意を払ったとしても、思わぬところに汚れが!というのはよくある事。

飛び散った白髪染めを苦労して落とす事を思えば、事前にしっかり準備をするのが得策です。
お風呂場が汚れないようにするために、新聞紙と大きめのビニール袋(レジャーシート等でも可)を用意します。

ビニールを広げ、その上に新聞紙を重ねて床に敷きましょう。
この際、染みた白髪染めで色移りしないように、必ずビニールが下です。

壁や鏡の汚れが気になる場合も、同様に汚れをガードします。
使用後は、丸めてゴミに出してしまえるので、後片付けは比較的簡単と言えるでしょう。

お風呂場が汚れない白髪染めのコツ

白髪染めで汚れないための必需品と言えば手袋ですが、コームもなかなか役に立ちます。
手やブラシ等よりも、コームのほうが染料が飛び散らずお風呂場を汚しません。

また、コームを使うと、生え際など細かい部分までしっかり塗布出来る利点もあります。
コームの汚れは、使用後すぐにお湯ですすげばOKです。

なお、身体についた白髪染めが、思いがけない場所を汚してしまう事があるので注意しましょう。
バスルームだけでなく、ご自身の汚れ防止もお忘れなく。

襟足にしっかりとタオルを巻き、ケープ等で上半身を覆えば洋服を汚さずに済みます。
手袋は手首をゴムで止めるとより安心でしょう。

あらかじめ生え際やうなじにクリームを塗っておくと、汚れた場合に落としやすくなります。

白髪染めで汚れた!落とし方は?

「注意していたにも関わらず、汚れてしまった!」そんな時は、まず急いで洗い流して下さい。
主な汚れの落とし方は次の通りです。

1.お風呂の床や浴槽、洗面台

メラニンスポンジ、塩素系の洗剤・漂白剤を試してみましょう。
落ちにくい場合は、洗剤を染みこませた布やペーパーを被せておくと、汚れが浮いてきます。

2.床や壁紙、マットなど

洗面所の汚れの場合は、拭き取った後に中性洗剤で掃除します。
こうした汚れは完全に落ちない事も多く、注意が必要です。

3.地肌

シャンプーや新陳代謝によって、数日で自然に落ちていきます。
急ぐ場合はクレンジングを利用しましょう。
ホットタオルで温めるのも有効です。

汚れは時間が経つほど落ちにくくなます。
白髪染めが終わったら、飛び散り等がないかよくチェックしましょう。

白髪染めトリートメントは手もお風呂も汚れない?

白髪染めトリートメントは手もお風呂も汚れない

白髪染めで汚れないためには、予防や後片付けが欠かせません。
求めるレベルにもよりますが、しっかり汚れを防止しようと思えば、かなりの手間が必要になるでしょう。

また、白髪は毎日少しずつ伸びてきます。
せっかく頑張って染めても、2週間もしないうちにまた白髪が目立ち始めてしまいます。

つまり、その都度、大変な手間を掛けて白髪染めを繰り返す必要があるという事です。
にも関わらず、完全に汚れを防ぐ事は難しい。

しかも、一度ついた汚れは非常に落としにくく、厄介です。
ルプルプや利尻カラートリートメントなら、そんなお悩みを解決してくれます。

なぜなら、白髪染めトリートメントは、手やお風呂を汚す心配のない「汚れない白髪染め」なのです。

カラートリートメントのメリット

カラートリートメントは素手でも使える白髪染めです。
肌はもちろん、お風呂場についてしまった場合も、水で流せば簡単に落とす事が出来ます。

つまり、面倒な準備・後片付けの手間がありません。
汚れないので、大変な思いをして掃除をする必要もないのです。

メリットは他にもあります。

1.髪と頭皮に優しい

無添加で刺激が少ないので、毎日使用してもヘアダメージや抜け毛・アレルギーの心配がありません。

2.美髪効果

トリートメント成分が髪を保湿・補修、使うたび髪が綺麗になります。

3.簡単

シャンプーの後に白髪が気になる部分に塗布するだけと、使い方がとても簡単。
放置時間も短いので気軽に染められます。

4.コスパが良い

色が入った後は、数日おきの使用でも綺麗な状態をキープ出来るため経済的です。

白髪染めトリートメントの使い方のポイント

白髪染めトリートメントの使い方は非常にシンプルです。
しかし、ちょっとした工夫で、染め上がりにぐっと差が付きます。

より綺麗に染めるポイントは次の通りです。

1.量はたっぷり

カラートリートメントは、薄付きで自然な仕上がりが特徴です。
そのため、しっかり色を入れたい場所にはたっぷり使いましょう。
塗るというより、のせるというイメージです。

2.保温

塗布後の髪を温めるとキューティクルが開き、色が入りやすくなります。
おススメは、ヘアーキャップ+蒸しタオルのダブル使い。
染料の飛び散りも防止出来ます。

3.手順やコツ

乾いている髪に塗布する事で発色が良くなります。
シャンプー後にタオルドライしてから髪につけましょう。
コームを使うと、お風呂場も汚れず生え際まで綺麗に染まります。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

汚れない白髪染めのまとめ

汚れない白髪染めのまとめ

自宅で白髪染めをする際、一番に問題となるのが「汚れ」です。
苦労して準備してもお風呂場が汚れてしまったり、シミが残ってしまう事があります。

白髪染めは長く使うものです。
個人差はありますが、20年近く染め続ける事になるのではないでしょうか?

その度に面倒な手間を掛けるより、「汚れない白髪染め」を使う事をオススメします。
ルプルプや利尻カラートリートメントは、手もお風呂場も汚さない白髪染です。

それだけでなく、贅沢に配合された天然成分の効果により、使うほどに髪が美しくなっていきます。
白髪を染めつつ、同時にヘアケアも行える優れたアイテムと言えるでしょう。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。