ヘアカラートリートメントと地肌

白髪を染める際、気になるのが地肌への影響です。
使用する白髪染めによっては、白髪だけでなく地肌にも色が付いてしまったり、頭皮へ大きなダメージを与えてしまったりする事があります。

地肌に色が付くと見栄えが悪くなりますし、頭皮の状態が荒れると白髪が増える要因になりかねません。
つまり、白髪染めを選ぶ時は、地肌への影響も考慮する必要があります。

ヘアカラートリートメントは地肌への影響が少なく、安心して使える白髪染めです。
なぜヘアカラーやヘアマニキュアと比べて安全性が高いのか、その理由をチェックしていきましょう。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

ヘアカラートリートメントは地肌に付着しても安心

ヘアカラートリートメントは、白髪を染める際、地肌に付着してしまったとしても安心です。
配合されている成分にもよりますが、一般的にヘアカラーと比較すると頭皮の肌荒れが起きるリスクは少ないと言えます。

ヘアカラーを使って地肌に悪影響が出たという人でも、ヘアカラートリートメントなら問題なく使える可能性が高いです。
また、白髪染めが初めてという人でも、地肌に付着する事を恐れずに使えるというメリットがあります。

ヘアカラートリートメントが安心して使える大きな理由は、酸性やアルカリ性の度合いを示すpH値です。

ヘアカラートリートメントは中性で地肌への安全性が高い

ヘアカラートリートメントは、pH値が7前後で弱酸性~中性の製品が多くなっています。
これに対して市販されているヘアカラーは、アルカリ性を示す製品が殆んどです。

地肌は弱酸性の性質を持つため、弱酸性~中性であるヘアカラートリートメントは刺激が少なくなります。
他の白髪染めと比べると、地肌への安全性が高い製品と言えるでしょう。

また、ヘアカラートリートメントには刺激の強い脱色剤が含まれていませんから、その点でも安心です。

ヘアカラートリートメントは地肌だけでなく髪にも優しい

ヘアカラートリートメントは、地肌だけではなく髪にも優しい白髪染めです。
キューティクルを強引に開いて染める仕組みではないので、白髪へのダメージを抑えて染める事が出来ます。

しかも、ヘアカラートリートメントは、髪を保護する成分が保護する成分が豊富に含まれている事が一般的です。
単に白髪を隠す役割だけでなく、髪の毛のツヤ・ハリといった面でもメリットの多い白髪染めと言えます。

髪の毛・頭皮の両方を健やかに保ちつつ白髪を染めたいのであれば、ヘアカラートリートメントは最適な選択肢です。

ヘアカラートリートメントで地肌は染まらない

ヘアカラートリートメントで地肌は染まらない

白髪を染める際、地肌が染まってしまう事を心配する人は結構多いでしょう。
特に、生え際の白髪を隠す時は白髪染めが頭皮に付着してしまいがちなので、気がかりなポイントになりがちです。

白髪を上手く染められたとしても、地肌に色が付いてしまうと周囲の人に不自然な印象を与えかねません。
かと言って、頭皮への付着を意識して慎重になり過ぎると、白髪をきちんと染められない場合が出てきます。

その点、ヘアカラートリートメントは、白髪染めの中で地肌が染まりにくい製品です。

ヘアカラートリートメントの染料で地肌が染まりにくい理由

ヘアカラートリートメントには、化学合成染料として塩基性染料・HC染料が配合されている事が多いです。
塩基性染料はプラス電荷を持ち、HC染料は電荷を持ちません。

地肌や髪の毛はプラス電荷を持っていますから、塩基性染料はプラスとプラスで反発して地肌が染まりにくいです。
また、HC染料もマイナス電荷を持つ染料と比べると、染まりにくい傾向があります。

これに対して、ヘアマニキュアはマイナス電荷を持つ染料を配合している事が多いので、地肌に付着すると色が付きやすくなってしまうのです。

ヘアカラートリートメントでも地肌に色が付く事はある

ヘアカラートリートメントは地肌が染まりにくい白髪染めですが、絶対に色が付かないという訳ではありません。
地肌に付着した状態で長時間放置していると、染まってしまう事もあります。

そのため、ヘアカラートリートメントを使った後はすすぎが大切です。
頭皮だけでなく、耳の周辺なども意識してすすいで、地肌に色が付く事を防ぎましょう。

付着してから時間が経過していない段階であれば、コールドクリームなどを使わなくても大丈夫なケースが多いのです。

地肌に優しいおすすめのヘアカラートリートメント

地肌に優しいおすすめのヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントは地肌が染まりにくく、刺激も少ない白髪染めです。
しかし、どの商品であっても地肌への影響が同じという訳ではありません。

含まれる成分はそれぞれ異なるため、頭皮に与える刺激にも差が出てきます。
ヘアカラートリートメントだからと言って、何も考えずに購入すると後悔してしまうかもしれません。

地肌への影響を重視するのであれば、しっかりと白髪染め選びをする事が重要です。
そこで、地肌に優しいオススメのヘアカラートリートメントを紹介します。

利尻 ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

利尻 ヘアカラートリートメントは香料やジアミンなどの無添加にこだわった白髪染めです。
地肌へ負担を掛ける添加物が配合されていないため、根元付近の白髪であっても安心して染める事が出来ます。

商品名にもなっている利尻昆布エキスに加えて、28種類もの植物由来成分が含まれており、髪の毛を保護する働きも十分です。
また、塩基性染料・HC染料以外の染料として、クチナシ青や紫根などの植物色素が採用されています。

そのため、地肌の染まりにくさという点でも優秀なヘアカラートリートメントと言えます。

ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプ ヘアカラートリートメントは、HC染料・塩基性染料に加え、数種類の天然染料が配合された白髪染めです。
地肌が染まりにくい染料を採用しており、肌に付着した場合でもすぐ洗い流せる事が売りの1つとなっています。

美容成分が94%配合されている事もルプルプ ヘアカラートリートメントの特徴の1つです。
ガゴメ昆布のフコイダンも配合されているため、髪の毛や頭皮をしっかり保護しながら白髪を染める事が出来ます。

白髪だけでなく、薄毛にも対応しているヘアカラートリートメントなので、髪の毛に関する不安を総合的に解消するのにうってつけです。

ヘアカラートリートメントと地肌まとめ

ヘアカラートリートメントと地肌まとめ

ヘアカラートリートメントは弱酸性~中性の製品が多く、弱酸性である地肌への刺激が少ないです。
キューティクルを閉じたまま白髪を染めるので、髪の毛・頭皮に負担をかけずに使う事が出来ます。

また、ヘアカラートリートメントは使われている染料の性質によって、地肌が染まりにくいです。
地肌に色が付く事もありますが、しっかりとすすげば問題ありません。

ヘアカラートリートメントの中でも特に地肌に優しい製品を選べば、敏感肌の人でも安心して白髪を染める事が出来るでしょう。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。