白髪染めと色落ち

白髪が増えてくると、出来るだけ白髪染めしたカラーを長持ちさせたいですよね。
白髪染めをすると、髪が伸びるのが早く感じて、根本から伸びた数センチの白髪が気になってきます。

そして、白髪を染めても、「すぐに色が落ちてしまう」と悩んでいる方も多いのです。
ただし、何回も白髪染めのを繰り返せば、髪の毛も傷んでしまいます。

そのため、一度染めた部分は出来るだけ長持ちさせたいですよね。
そこで今回は、白髪染めが早く色落ちしてしまう原因について検証していきます。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めの色落ちはなぜ早い?

白髪染めをしている人は、伸びてきた白髪だけでなく、一度染めた白髪の色落ちも気になりますよね。
白髪染めで色落ちが早い原因は、髪のダメージが原因となる事があります。

白髪染めを繰り返したりすると、髪が痛んでいる可能性が高いと言えます。
また、白髪染めに含まれる有害成分・薬剤なども、髪のダメージへの影響が大きいでしょう。

髪が傷んでいると、髪の内部の栄養がスカスカな状態です。
そのため、キレイに髪色が定着しないため、カラーの色落ちが早くなります。

髪は水分・タンパク質・キューティクルの状態が整っている事が健康な髪の条件となっています。
髪に優しいカラーリングを選んだり、生活習慣を整えて髪の健康を保つと、色落ちも少なくなるでしょう。

髪は明るくする程、髪のキューティクルを開かなければなりません。
そのため、色落ちしやすくなります。

白髪染めの色落ちの期間は?

白髪染めの色落ちする期間は、人によって髪質や白髪の分量によって変わります。
大抵の場合は早くて2週間、平均で1ヶ月ほどで色落ちする事が多いのです。

基本的に白髪染めの色をライトブラウンやライトグレーといった明るい色に染める程、色落ちしやすくなります。
もし色落ちを防ぐなら、ダークブラウン、ダークグレーといった暗い色程、色落ちを防ぐ予防になるでしょう。

白髪染めと一口に言っても、トリートメントタイプ、ヘアマニキュアタイプ、ヘナなど色々あります。
色落ちしやすいタイプは、ヘアマニキュアとなっています。

ヘアマニキュアは脱色せずに髪の表面に薬をつけて染めていくもので、毎日のシャンプーをしているうちに色落ちしやすくなります。
そして、白髪染めが色落ちしやすい原因は、洗浄力の強いアルカリ性シャンプーのせいかもしれません。

白髪染め用の白髪染めの色落ちを防ぐためには、弱酸性の優しいシャンプーを使った方が色落ちを予防します。

色落ちしにくい白髪染めのカラーは?

色落ちしにくい白髪染めのカラー

白髪染めが色落ちしてしまう原因で一番多いのは、「明るい茶色」で染めているという事が多いのです。
白髪染めをする時は、色落ちを防ぐために出来るだけ黒い色に近づける事をオススメしています。

そして、ヘアマニキュア、ヘアトリートメントを選ぶ時も、それぞれの特徴を考えて、自分の髪質に合ったものを選ぶと良いのです。
また、白髪染めを色落ちさせにくくするためには、洗浄力の弱いシャンプーを選びましょう。

美容室では専用のシャンプーが販売されていますので、相談してみても良いでしょう。
また、当サイトでもオススメしているルプルプや利尻などのトリートメントは色落ちしにくいのでオススメです。

色落ちしにくいヘアマニキュアはある?

ヘアマニキュアは、髪の外側に色素をコーティングさせて色を付ける白髪染めです。
髪の表面層であるキューティクルが傷んだ時に髪を保護して、それに色を付けたものです。

髪に対するダメージを考えると、ヘアマニキュアは良いと言えます。
ただし、コーティングするだけなので、1ヶ月も経てば色落ちしてしまいます。

しかし、ヘアマニキュアは、どんな髪も期待通りに染められるわけではなく、黒髪だとほん色が少し付く程度です。
ヘアカラーとは違い、髪の表面に染料をコーティングするのがカラーマニキュアです。

コーディングのみなので、髪へのダメージは少ないと言えるでしょう。
しかし、色落ちが早く、こまめに染めないといけないのが面倒かもしれません。

値段も安く、時間も少ないため、若い人でも利用する方が多くいます。
色落ちが気になる方は、ヘアカラーの方が色は持つのでオススメです。

白髪染めの色落ちを防いで綺麗な茶髪をキープしよう

白髪染めでの色落ちを防ぐ方法として、まずは二剤混合式の白髪染めを使う事をオススメします。
ボトルの中に1剤と2剤が入っていて、二つが混ざり合って泡になって出てくるタイプです。

市販の白髪染めヘアカラーはヘアマニキュアよりも色落ちしにくいのでオススメ。
このようなヘアカラーは、キューティクルを開いて髪の色を脱色してからカラーを入れ込みます。

その後に。キューティクルが閉じ込められるので色落ちしにくいです。
カラーはブラックに近いダークな色を使うと、根元の白髪が生えてきた時に白と黒のコントラストで非常に目立つというデメリットがあります。

しかし、ダークブラウンにすると、新しく生えてきた白髪は全体の明るい髪色と馴染むため目立たなくなります。
ですから、色落ちが白髪染めの色落ちが気になる方は、髪の毛の髪全体の色をライトブラウンやナチュラルブラウンにすると良いでしょう。

美容室・美容院のヘナは色落ちしにくい?

本格的なヘナは、髪全体をたっぷりとヘナを使い、色落ちも少ないです。
ヘナは約一か月間は色を持たせる事が出来ますし、根元の白髪が目立ってきた場合にはリタッチをして予防する事が出来ます。

ヘナは初めて使う場合は染まるのに時間が掛かる多め、色落ちも早く感じるかもしれません。
ところが、ヘナを2回3回と何度も使って行くと、染まり具合が速くなるため色落ちもなくなっていきます。

ヘナは何度も繰り返して使うほど、色落ちは気にならなくなりますのでオススメです。

白髪染めの色落ちはシャンプー選びから

白髪染めの色落ちはシャンプー選びから

白髪染めの色落ちは、実は白髪染めそのものよりも、毎日使うシャンプーが原因となっている事があります。
色落ちが気になる原因は、洗浄力の強いシャンプーを使っている からかもしれません。

市販のドラッグストアや薬局で売っているシャンプーは界面活性剤が入っているため、皮脂やほこり汗を強力に除去する事が出来ます。
それと同時に白髪染めのカラーも落ちてしまうのです。

白髪染めの色落ちが気になる場合は、そのような洗浄力の強いアルカリ性のシャンプーは控えましょう。
オススメは弱酸性のアミノ酸シャンプーです。

弱酸性のシャンプーは、美容室専用品やネット通販で購入する事が出来ます。
ドラッグストアで販売されているシャンプーよりも価格は高めですが、長い間使っていると肌に優しく白髪染めの色落ちも抑えられます。

また、そのような肌に優しいシャンプーを使う事で、頭皮の負担も和らぐので白髪予防にも効果的です。

白髪染めが色落ちしない・色落ちしにくいシャンプーとは?

白髪染めが色落ちしにくいシャンプーは、アミノ酸系のノンシリコンシャンプーです。
白髪染めが色落ちしにくいシャンプーは、ノンシリコンシャンプーオススメです。

ノンシリコンシャンプーはその名の通りシリコンが入っていないため、頭皮赤みの刺激が少ないシャンプーです。
仕上がりはサラサラになり、使い続けていると髪が健康になります。

しかし、シリコンが入っていないため手触りがツルツルになる事はなく、どちらかと言うとをサラッとした仕上がりです。
シリコンシャンプーはキューティクルを守って洗う事が出来るので、白髪染めのカラーをキープ出来ます。

シリコン入りシャンプーと比べると泡立ちは良くありませんが、慣れてくればさほど気にならない程度です。
もし白髪染めの色落ちが気になる方は、使ってみると良いでしょう。

タオルに色落ちしない白髪染めは?

タオルに色落ちしない白髪染め

白髪染めを洗い流す際のすすぎが不十分であれば、タオルや衣服に色移りしてしまう事もあります。
髪に白髪染めが付いたまま残ったままでは、タオルだけでなく枕カバーや服にも付く事があります。

すすぎが十分でないと白髪染めがずっと頭皮や髪に残っている事になるため、地肌への負担になります。
白髪染めをした後は、すすぎの水の色が透明になるまで、すすぎ残しのないように白髪染めの染料を洗い流しましょう。

そして髪の毛が濡れている状態は白髪染めのカラーが流れやすくなっているので、白髪染めをした後は早めにタオルドライをします。
その後にしっかりドライヤーで乾かす事で、色落ちを予防する事が出来るのです。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めと色落ちのまとめ

白髪染めと色落ちのまとめ

白髪染めは時間も手間もお金も掛かるため、なるべく色落ちしないのが一番ですよね。
白髪染めを行う前に、髪の毛を軽くブラッシングしてほこりや汚れを取っておくと、白髪染めのカラーが入りやすくなります。

濡れた髪に使うよりも乾いた髪に使った方が、色落ちも防げると言われているのです。
そして、白髪染めは置き時間を少々長めにとると良いでしょう。

設定時間を待たずに洗ってしまうと、色落ちしやすくなります。
そして、色落ちを予防するには白髪染めの使い方だけでなく、その後のリタッチも大切です。

根元に伸びてきた白髪白髪は、リタッチで対応してあげるとよいでしょう。

当サイトでは、管理人が実際に利用した白髪染めトリートメントを紹介しています。
白髪に悩んでいる方は、参考にしてください。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。