白髪染めと色落ち

白髪が増えてくると、出来るだけ白髪染めしたカラーを長持ちさせたいですよね。
白髪染めをすると、髪が伸びるのが早く感じて、根本から伸びた数センチの白髪が気になってきます。

そして、白髪を染めても、「すぐに色が落ちてしまう…」と悩んでいる方も多いのです。
色落ちが気になって、すぐにまた白髪染めをしてしまうという方も多いのではないでしょうか?

白髪染めのを繰り返せば、髪の毛も傷んでしまいます。
そのため、一度染めた部分は出来るだけ長持ちさせたいですよね。

そこで今回は、白髪染めが早く色落ちしてしまう原因について検証していきます。

白髪染めの色落ちはなぜ早い?

白髪染めをしている人は、伸びてきた白髪だけでなく、一度染めた白髪の色落ちも気になりますよね。
白髪染めで色落ちが早い原因は、髪のダメージが原因となる事があります。

白髪染めをしている世代は、髪が弱く傷みやすくなっている可能性があるのです。
白髪染めを頻繁にする人は、薬剤によるダメージも積み重なって、髪の健康に影響していきます。

髪が傷んでいると、髪の内部の栄養がスカスカな状態です。
そのため、キレイに髪色が定着しないため、カラーの色落ちが早くなります。

髪は水分・タンパク質・キューティクルの状態が整っている事が健康な髪の条件となっています。
髪に優しいカラーリングを選んだり、生活習慣を整えて髪の健康を保つと、色落ちも少なくなるでしょう。

髪は明るくする程、髪のキューティクルを開かなければなりません。
そのため、色落ちしやすくなります。

白髪染めの色落ちの期間は?

白髪染めはすぐに色落ちてしまうと悩む方は多いと言えます。
実際に、2週間から1ヶ月ほどで色落ちするという人もいます。

白髪染めは明るい色にすればするほど、色落ちしやすくなります。
他にも白髪染めをする前にブリーチをした事がある人は、色落ちしやすくなるでしょう。

白髪染めには全体を染めるヘアカラーやヘアマニキュア、ヘアカラートリートメントなどがあります。
その中でも、ヘアマニキュアはヘアカラーと違い、使われている薬剤は髪の表面を染めるだけです。

ですから、一度染まっても、その後に何度か髪を洗って、2週間程度経っていくと色落ちしやすくなります。
また、使っているシャンプーの洗浄力が強かったり、アルカリ性の物を使ったりしていると色落ちしやすくなるので気を付けましょう。

他にも、髪質によって染まりにくいという事もあります。
特徴として、髪が硬く太い、元の髪色が黒いなども色落ちの原因になります。

色落ちしにくい白髪染めのカラーは?

色落ちしにくい白髪染めのカラー

白髪染めが色落ちしてしまう原因で一番多いのは、「明るい茶色」で染めているという事が多いのです。
白髪染めをする時は、色落ちを防ぐために黒い色に近づけるか、どうしても茶髪にしたい場合は、少し染める頻度を減らすと良いでしょう。

そして、ヘアマニキュア、ヘアトリートメントを選ぶ時も、それぞれの特徴を考えて、自分の髪質に合ったものを選ぶと良いのです。
また、白髪染めを色落ちさせにくくするためには、洗浄力の弱いシャンプーを選びましょう。

美容室では専用のシャンプーが販売されています。
美容室に行った時に相談してみても良いでしょう。

色落ちしにくいヘアマニキュア

ヘアマニキュアは、髪の外側に色素をコーティングさせて色を付ける白髪染めです。
髪の表面層であるキューティクルが傷んだ時に髪を保護して、それに色を付けたものです。

髪に対するダメージを考えると、ヘアマニキュアは良いと言えます。
ただし、コーティングするだけなので、1ヶ月も経てば色落ちしてしまいます。

しかし、ヘアマニキュアは、どんな髪も期待通りに染められるわけではなく、黒髪だとほん色が少し付く程度です。
ヘアカラーとは違い、髪の表面に染料をコーティングするのがカラーマニキュアです。

髪の内部まで染料を浸透させないため、髪へのダメージは少ないと言えます。
しかし、色落ちが早く、こまめに染めないといけないのが面倒かもしれません。

ただ、ヘアカラーに比べて時間も掛からず値段も安いため、若い世代でも多くの人が活用しています。
色落ちが気になる方は、ヘアカラーの方が色は持つのでオススメです。

白髪染めの色落ちを防いで綺麗な茶髪をキープしよう

白髪染めでの色落ちを防ぐ方法として、まずは二剤混合式の白髪染めを使う事をオススメします。
1剤と2剤が一式に揃っていて、混ぜて化学反応させて使うタイプの白髪染めです。

髪の表面キューティクルを開いて混合液が髪の内部に入って髪色を付けます
そのため、染め終わった後はキューティクルも閉じられます。

日本人が明るい髪色にしようとするなら、ブラウン系で茶髪に染めると良いでしょう。
白髪というのは、何らかの理由で毛の色素が抜けてしまった薄い色をしています。

そのため、色濃くしっかりと染めなくてはなりません。
そのためには、黒色または焦げ茶色が最適なのです。

黒髪を避けてブラック以外で、あるいはなるべく明るい髪色にしたいというのであれば、ダークブラウンで染めるのが一番でしょう。
長い期間で茶髪を維持し、白髪の色落ちを避けたいという目的なら、二剤混合式のダークブラウンの白髪染めがオススメです。

美容室・美容院のヘナは色落ちしにくい?

本格的なヘナは、髪全体をヘナペーストでくるむようにして、たっぷりとヘナを使い、色落ちも少ないと言えます。
根本が少し伸びた場合は、ヘナを練って少しだけ生え際や地肌を中心に塗る方法がオススメです。

通常ヘナで染まった白髪は、3週間程度は色落ちしないでしょう。
しか、し髪が傷んでいると、ヘナも定着しにくく、仮に定着したとしても色落ちしやすくなるのです。

ヘナがしっかりと定着するようになるまで時間が掛かります
そのため、初めの内はヘナで白髪が染まっても染まりにくいのです。

ヘナを数回繰り返していく内に、だんだんと染まりやすくなり、色も落ちにくくなってくるはずです。
そのため、最初は小まめにヘナを繰り返して行いましょう。

白髪染めの色落ちはシャンプー選びから

白髪染めの色落ちはシャンプー選びから

白髪染めの色落ちは、実は白髪染めそのものよりも、毎日使うシャンプーが原因となっている事があります。
色落ちが早いと感じる人の90%以上は、ドラッグストアやスーパーで買った市販のシャンプーを使っています。

白髪染めと同じで、市販商品のシャンプーには安価で強力な成分で作られています。
そのため、洗浄力が髪や地肌には刺激が強いものが多いですよ。

美容室専売の商品であったり、ネット通販で購入出来る物は、高品質なシャンプーが多いのです。
一度定着させた髪色は、毎日シャンプーをする毎に少しずつ落ちていきます・

そのため、これ自体は仕方のない事だと言えます。
ただし、洗浄力の強いシャンプーを使っていると、加速度的に色が落ちていくのは確かです。

白髪染めが色落ちしない・色落ちしにくいシャンプーとは?

白髪染めが色落ちしにくいシャンプーは、アミノ酸系のノンシリコンシャンプーです。
白髪染めが色落ちしにくい理想のシャンプーは、他にはアミノ酸系(弱酸性)シリコンも良いですね。

一般的に売られてるいわゆる石油系シャンプーは刺激が強く、白髪染めの色落ちがしやすいのです。
白髪染めと最も相性が良いのは、アミノ酸系ノンシリコンシャンプーとなっています。

とにかく髪に優しく、白髪染めの色持ちも続きますよ。
白髪染めに限らず、普通のヘアカラーやパーマや縮毛矯正をしている方にもオススメです。

白髪や抜け毛といったコンプレックス対策に効果を持つノンシリコンシャンプーなども販売されています。

タオルに色落ちしない白髪染めは?

タオルに色落ちしない白髪染め

白髪染めを洗い流す際のすすぎが不十分であれば、タオルや衣服に色移りしてしまう事もあります。
また、髪が濡れていると、着色した染毛料が流れ出い状態になります。

そのため、そのまま寝てしまうと、枕カバーなどの寝具に色移りしてしまう可能性があります。
白髪染めをした後は十分なすすぎと、しっかりと乾かしましょう。

白髪染めの色が落ちてしまう原因は様々です。
しかし、簡単な改善方法は、暗めの色の白髪染めを選ぶ事も大事と言えます。

明るい白髪染めの色素は、暗い色の白髪染めに比べて分子の大きさが小さく、髪の毛から抜けやすくなってしまいます。
白髪染めをしても、すぐに色が落ちるという方は、暗めの白髪染めを選んでみましょう。

また、天然由来の白髪染めは従来のものに比べて、タオルへの色移りの心配があまりないのが特徴です。

白髪染めと色落ちのまとめ

白髪染めと色落ちのまとめ

白髪染めを長持ちさせるためには、髪の毛の芯まで色素が沈着するのを待つ事が重要です。
規定の時間まで待たずに白髪染めを落としてしまうと、白髪染めの色落ちが早くなります。

髪の毛の色を染める化学反応には、時間が掛かるので、染める時間はきちんと守りましょう。
また、白髪染めの前に髪の毛をブラッシングして、よく汚れと抜け毛を落としておくと、髪の毛の芯まで白髪染めの色素を定着させる事が可能です。

白髪染めの色持ちは、工夫次第で長持ちさせる事が出来ます。
新しく生えてきた根元白髪には効果がないため、リタッチなどをして、対応すると良いでしょう。

当サイトでは、管理人が実際に利用した白髪染めトリートメントを紹介しています。
白髪に悩んでいる方は、参考にしてください。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。