白髪と禁酒

”お酒(アルコール)が原因で白髪になる”
こんな話を聞いた事があるという方もいるかと思います。

これが本当ならば、禁酒は白髪の予防や改善に有効と言えるのでは無いでしょうか。
一見あまり関係がなさそうな飲酒と白髪。

実際にはどのような関わりがあるのでしょうか?
こちらでは、飲酒が髪や頭皮に与える影響について考えてみたいと思います。

アルコール(お酒)が本当に白髪の原因となるのか?
もしそうならその理由は?

また、白髪の予防・改善と禁酒の関係性についてもお話しましょう。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪と禁酒の関係とは?

個人差はありますが、30代半ばを過ぎから気になりはじめる白髪。
禁酒は白髪が生える、あるいは増える事にどのような影響を与えるのでしょうか?

お酒を飲むと、血行が促進されて身体がぽかぽかと温まり、リラックスした気分になります。
古くから酒は百薬の長と言われ、健康増進効果があるとされているのはこのため。

血の巡りが良くなれば、もちろん頭皮の血行も促進されます。
これは頭皮と髪の健康にとって好ましい事です。

しかしながら、こうした効果が得られるのはあくまでも「適度な飲酒」。
飲み過ぎはむしろ、白髪や抜け毛の原因になると考えられています。

よって、禁酒や適量の飲酒は髪と頭皮に好影響を与え、白髪の予防・改善に期待が持てると言えるでしょう。

アルコールが原因?禁酒で白髪が黒髪に?

禁酒で白髪が黒髪になるのか

メラニン色素の働きが弱まると、髪に色を付ける事ができず白髪になります。
そのメラニンを作り出すのがメラノサイトです。

つまり、メラノサイトの活性が弱まると白髪が生えてくるのです。
一般的に、加齢・血行不良・栄養不足や脱水、ストレス・飲酒・生活習慣の乱れなどが白髪の原因とされています。

そのため、これらを改善する事でメラノサイトが活性化すれば、白髪を黒髪に戻す事も不可能ではないのです。
では、過度なアルコール摂取は、上記の白髪の原因にどのような影響を与えるのでしょうか?

禁酒と白髪の関係性を知る上で重要なポイントとなりますので、詳しく解説していきます。

禁酒と白髪1・肝臓のダメージで白髪?

肝臓の働きは、栄養素の代謝・アルコールを含む有害物質の解毒・消化と排泄です。
生命維持に欠かせないこうした作用は、血液を介して行われます。

そのため、肝臓は非常に多くの血液が集まる場所。
必要な処理が行われた後、それらを血液にのせて身体の隅々に運ぶのもまた肝臓の役目です。

したがって、過度の飲酒によって肝機能が低下すると、血液循環が上手く行かなくなると考えられます。
先ほどお話した通り、髪に色を付けるメラノサイトを活性化させるためには血液が必要です。

また、血行不良は頭皮環境を悪化させ白髪の原因となります。
つまり、飲み過ぎは白髪増加の悪循環を引き起こすのです。

白髪が気になるなら、禁酒で肝臓をいたわる事が大切と言えるでしょう。

禁酒と白髪2・ビオチン不足で白髪増?

ビオチンは、アルコールの分解に必要とされる栄養素です。
それ以外にも、皮膚や毛母細胞の活性化、血行を促進する作用を持っています。

お酒を沢山飲むと、アルコール代謝のために大量のビオチンが消費されてビオチンが足りなくなります。
体内のビオチンが不足すると、毛髪に十分な栄養が行き渡らず白髪が増える原因となるのです。

ビオチンはビタミンB群の一種で、レバーやナッツ類、大豆製品、肉や魚、野菜など様々な食品に豊富に含まれています。
そのため、バランスの良い食事を心掛けていれば、不足の心配はあまりありません。

しかし、飲酒量が多い方はビオチン不足に陥りやすく、白髪のリスクが高まります。
これを防止する効果的な方法は禁酒、そして食事に気を付ける事です。

禁酒と白髪3・アミノ酸が足りないと白髪に?

アルコールを分解する際に消費されるのはビオチンだけではありません。
アルコールが体内に入ると、様々な種類のアミノ酸が代謝のために使われます。

アミノ酸は髪や頭皮の健康を守る大切な働きをしている栄養素です。
特に、メラニン色素を作る役目をするアミノ酸であるチロシンは、白髪と関係が深い成分と言えるでしょう。

アルコールの大量摂取は体内のアミノ酸(チロシン)不足を招き、その結果髪を黒く保つ事が出来なくなります。
アミノ酸は加齢・老化によっても徐々に不足していく成分。

そのため、中年以降の方の過度の飲酒は、白髪の促進に拍車を掛ける要因となるのです。
メラニン色素の欠乏を防ぐという意味で、禁酒や休肝日は白髪に有効と考えられます。

禁酒と白髪4・脱水で白髪になる?

アルコールには強い利尿作用があり、場合によっては飲んだ量以上の水分が身体から失われます。
お酒を飲むと頻繁にトイレに行きたくなるという方が多いのはそのためです。

また、アルコールの代謝には大量の水分を必要とします。
そのため、飲み過ぎると非常に多くの水分が体外に排出されてしまうのです。

これにより身体は脱水状態となり、血行不良が起こります。
血液循環が悪くなると、頭髪に十分な栄養が届きません。

その結果、髪や頭皮の健康が損なわれ、白髪になりやすくなると言えるでしょう。

白髪の予防と対策、禁酒は効果的?

白髪が生える原因は一つではありません。
食生活や飲酒・喫煙などの生活習慣、血行不良、病気など複数の要因が白髪を増やすと考えられています。

まずは、こうした白髪の原因となる要素を取り除く事が肝心です。
特に、メラニンの生成や血液循環に大きな影響を与える飲酒については対策が必要でしょう。

もちろん、アルコールを一口飲んだからと言って、即白髪になるというわけではありません。
肝臓になるべく負担を掛けないようにする事が大切なのです。

白髪の予防・改善のために、禁酒あるいは適量の飲酒を心がけようにしましょう。
なお、禁酒の効果が現れるまでには、ある程度の時間が必要です。

今ある白髪をすぐにカバーしたい方は、髪や頭皮に優しいルプルプや利尻などカラートリートメントの使用がオススメです。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪と禁酒のまとめ

白髪と禁酒のまとめ

白髪と禁酒の間には深い関わりがあります。
白髪の予防や改善のためには、メラノサイトの元気を取り戻す事が必要です。

そのため、飲酒・喫煙、食事や睡眠など生活習慣を見直し、髪や頭皮の健康に気を配る事が大切になります。
中でも、肝臓のダメージや血行不良、メラニン・ビオチン不足などを引き起こす飲酒は、白髪を増やす大きな原因の一つ。

日頃から、禁酒やほどほどの酒量を心掛けて髪の健康を守りましょう。
生えている白髪のケアについては、頭髪の健康を損なわない白髪染めがオススメ。

ルプルプや利尻などのカラートリートメントは、低刺激で髪や頭皮をいたわりながら白髪を染める事が出来る商品です。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。