白髪と納豆

白髪は実年齢よりも老けて見られてしまう原因の1つです。
その改善策として、ストレスをためないで生活をする等が挙げられます。

しかし、そんな夢のような生活が出来るわけありませんよね。
白髪の根本的な改善方法としてオススメなのが、毎日の食生活に「納豆」をとり入れる事です。

スーパーフードの1つとして現在世界的に注目されている納豆。
実はその豊富な栄養素には、白髪の改善にも効果がある事が分かっています。

  • 白髪が生える原因
  • 納豆の栄養素と白髪の改善が期待出来る理由
  • 白髪の改善がさらに期待出来る納豆の食べ方とそのタイミング

本記事では、主に上記の3点についてご紹介しています。
そのため、毎日の食生活の中で白髪が改善出来るならと思われた方は、是非チェックしてください。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪が生える原因3選

まずは、納豆が白髪の改善に役立つ仕組みを理解してもらうためにも、白髪が生えてきてしまう原因についてご説明していきます。
長年研究が続けられていますが、いまだに白髪が生えてきてしまう原因の全てが解明されているわけではありません。

しかし、白髪が生えてきてしまう原因を追求していく中で、大きく3つの原因が分かっています。

  • メラニン色素の不足
  • 成長ホルモンの不足
  • 幹細胞の損傷

この3つが、主な白髪の原因だと言われています。
もちろん、白髪の原因が「メラニン色素の不足」「成長ホルモンの不足」「幹細胞の損傷」だと言われても、何を言っているのか分からないと感じた方がほとんどだと思います。

下記ではこの3点について、もう少し詳しくご紹介します。

メラニン色素の不足

メラニン色素は、お肌や髪の毛の色を作っています。
生まれたてのうぶ毛には色が付いていません。

しかし、その毛が伸びていくにつれて徐々に色付けされていく、絵の具のような役割をメラニン色素は果たしています。
つまり、この絵の具(メラニン色素)が不足している状態が白髪。

そして、メラニン色素の原料として必要な栄養素が、食材から摂取する事が出来るチロシン(アミノ酸の結晶)です。
つまり、チロシン(アミノ酸の結晶)を摂取する事で、身体の中に再びメラニンを生成する事ができます。

そして、白髪の改善に繋げていく事が可能というわけです。
ここで一つ注意点があります。

それは、メラニン色素を作るという事は、紫外線に当たるとお肌のシミの原因にもなってしまうという事。
日々の紫外線対策は、絶対に怠らないようにしましょう。

成長ホルモンの不足

アンチエイジングにおいても必要不可欠な成長ホルモン。
この成長ホルモンの不足が、白髪の原因の1つだという事が分かっています。

成長ホルモンの主な役割として、下記のようなものがあげられます

  • 骨や髪の毛の健康維持
  • 代謝のコントロール
  • 脂肪燃焼
  • 身体の器官の成長と修復

美容と健康に必要不可欠とも言える成長ホルモンの分泌量のピークは13歳から17歳の間で、それ以降は歳を重ねるごとに低下していく一方です。
しかし、成長ホルモンの分泌の低下を食い止める効果が、アミノ酸を摂取する事によって期待出来ます。

成長ホルモンを構成しているアミノ酸は、主にタンパク質から摂取する事が可能です。
その中でも、アルギニンというタンパク質が、成長ホルモンの分泌に効果的。

アルギニンは主に、大豆、レーズン、ゴマ、エビなどに多く含まれています。
成長ホルモンの分泌以外にも、血流改善等の効果も期待出来ると言われているのです。

色素幹細胞の損傷

色素幹細胞とは、主に白髪に色素を注入し、黒髪に必要なメラノサイトを作ってくれます。
アメーバのような分裂を繰り返し無限に増殖してくれます。

そのため、メラノサイトが損傷したとしても、色素幹細胞さえ無事であれば白髪にはならないというメカニズムです。
しかし、色素幹細胞自体に機能不全が起きてしまうと、分裂した細胞自体も機能不全の状態になってしまいます。

そのため、何度生え変わっても白髪しか生えてこなくなってしまう状態になってしまうのです。
その機能不全はなぜ起きるのか、それは17型コラーゲンの機能が停止する事が原因だと言われています。

しかし、現在この17型コラーゲンを増やす方法は解明されていません。
ただし、色素幹細胞が正常に働いている場合でも、メラニン色素が不足していると白髪になってしまうという事が分かっています。

まずは、メラニン色素を増やし、自分が白髪になってしまった原因が、どれに該当するのかをチェックする必要があります。

納豆には白髪の改善に効果がある栄養素が豊富に含まれている

納豆には白髪の改善に効果がある栄養素が豊富に含まれている

ジャパニーズスーパーフードの代表格である納豆の栄養価が、高く健康に良いという事は周知の事実です。
しかし、納豆が白髪の改善のために、これ以上ないと言っていいほど適した食材だという事は、意外と知られていません。

栄養素 栄養価
タンパク質 約16.5g
ビタミンB6 約0.24g
カリウム 約660mg
マグネシウム 約100mg
鉄分 約3.3mg
ビタミンE α 約0.5mg
カルシウム 約90mg
ビタミンB2 約0.56mg
亜鉛 約1.9mg

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu3/toushin/05031802/002/004.pdf

特にここで注目して頂きのは、髪の毛の合成時に必要不可欠な「亜鉛」とチロシンの元であり、成長ホルモンの分泌を促す「アミノ酸」が豊富に含まれているという点です。
下記では、それぞれの栄養素の特徴についてご紹介していきます。

亜鉛が白髪効果の改善に繋がる

白髪の改善に直接的な効果はありません。
しかし、健康的で美しい髪の毛のために必要不可欠な栄養素である亜鉛は、白髪の改善に間接的な効果が期待出来る栄養素です。

学術的にハッキリしていない事が多い白髪の原因。
しかし、髪の毛の色が暗い人ほど、その髪の毛には亜鉛が多く含まれているという事がハッキリと分かっています。

薄毛の改善にも亜鉛は必須栄養素で、不足してくると髪の毛は柔らかく細くなってしまいます。
アルコールの分解で消費されてしまう栄養素である亜鉛は、特に30代以降の男女が不足しがちな栄養素です。

お酒を嗜まれる方には、特に毎日の食生活に納豆を食べるように意識する必要があります。

色素の元になるアミノ酸

白髪の改善に繋がるチロシンや、成長ホルモンの分泌に役立つと言われているアミノ酸。
色素の元になるアミノ酸は、白髪の改善に必要な栄養素ですが、身体の中で合成出来ないアミノ酸の種類は9つあります。

その9種類のアミノ酸は、体外から摂取しなければいけない上、沢山摂取したとしても身体の中で蓄えておく事が出来ない栄養素。
そのため、毎日食事から摂取する事が必要です。

そんな、面倒臭い栄養素である9つのアミノ酸を総称して必須アミノ酸と呼んでいます。
この必須アミノ酸は、栄養素のバランスが非常に重要で、どれか1つかけても有効に身体の中で活用する事が出来ません。

その点、納豆はこの9つのアミノ酸を、バランスよく摂取する事が出来る点でも非常にオススメです。

豊富に含まれているビタミンによる活性酸素の除去

上記で紹介した成分表を見ても分かるように、納豆にはビタミンが豊富に含まれています。
しかし、それによって活性酸素の除去、すなわちアンチエイジング効果が期待出来ます。

活性酸素とは免疫機能の事ですが、この活性酸素が増え過ぎてしまうと細胞を酸化させてしまう原因になってしまい、それが老化に繋がります。
細胞の老化は、色素幹細胞の機能不全にも繋がり兼ねないため、白髪の原因にもなる場合があります。

この活性酸素の除去に効果を発揮するのが、ビタミンA・C・E。
注意点として、納豆にはビタミンCは含まれていないため、サプリメントもしくは野菜や果物から毎日摂取する事が必要です。

白髪の改善にオススメの納豆の食べ方!毎日食べた方が良い?

白髪の改善にオススメの納豆の食べ方

ここまで読んで頂いた方は、納豆が白髪の改善に効果ある理由について理解して頂けたと思います。
ただ「納豆を食べれば白髪が治るんだ!」と思われた方もいるかも知れませんが、そうではありません。

上記でも説明したとおり、必須アミノ酸は身体の中で蓄える事が出来ないため、毎日の食事で摂取する事が必要不可欠です。
つまり、納豆をたまに食べるだけでは白髪対策に効果があるとは言えず、1日1パックは食事の際に食べる必要があるという事です。

また、下記では、より白髪の改善に高い効果が期待出来るオススメの納豆の食べ方をご紹介していきます。

オススメの納豆の食べ方

納豆はどこでも簡単に、なおかつ低価格での購入が可能で、値段の変動も季節とわず少ないのも魅力の1つです。
また、その栄養素は豊富で、納豆に含まれるビタミンEには頭皮環境を改善、アミノ酸はメラニン色素と成長ホルモン不足の改善に効果があります。

さらに、亜鉛は太く健康的な髪の毛の生成に役立つ事が分かっています。
そして、納豆は髪の毛のための食材と言って良いほどマルチに働いてくれる食品なのです。

しかし、納豆だけで食べるよりも、他の食材と組み合わせて食べる事とでより高い効果が期待出来ます。
下記では、そんな納豆と合わせて食べる事で、より白髪の改善に期待出来るオススメの食べ方をご紹介していきます。

黒ごまと納豆

「畑の肉」とも呼ばれている黒ごまには、必須アミノ酸が多く含まれています。
そのため、納豆に混ぜて食べる事でより一層、白髪の改善に高い効果が期待出来ます。

例えば、有名なアンチエイジング成分である「セサミン」が豊富に含まれている黒ごまは、若返り効果はもちろん、肝機能改善や脂質代謝の促進など、多方面からのアプローチが可能になります。
また、黒ごまの成分の約半分は、不飽和脂肪酸で出来ています。

そのため、免疫力の向上、コレステロール値を下げる働きがあります。
血液をサラサラにするという美容を気にする方にとてもオススメな食材です。

オリーブオイルと納豆

納豆にオリーブオイルを入れて、かき混ぜるだけというシンプルな組み合わせ。
オリーブオイルには、納豆にはないビタミンCが含まれているという点はもちろん、抗酸化作用であるポリフェノールが摂取出来るという点でも非常にオススメな食べ合わせです。

つまり、こちらも一緒に食べる事で、老化を防ぐ効果をより高める効果が期待出来る組み合わせになっています。
最近では美白成分や心臓病の予防にも注目されているオリーブオイル。

ほかにも、便秘解消につながる食物繊維や、抗酸化作用のあるビタミンEが豊富に含まれている事が分かっています。
白髪の改善をするだけではなく、美容と健康のためにも納豆と一緒に食べる事をオススメします。

納豆を食べるタイミングは?

納豆を食べるタイミングが、朝ごはんの時だという方も多いと思います。
しかし、納豆のパワーをより感じるためには、朝ではなく夜食べた方が良いと言われています。

それは、納豆の効能として「成長ホルモンの分泌」と「血栓を溶かす効果」が挙げられるため。
成長ホルモンは、夜寝ている間に多く分泌されています。

そのため、成長ホルモンの分泌を促すアミノ酸を夜摂取しておく事で白髪の改善に高い効果が期待可能です。
また、ナットウキナーゼという栄養素は、血栓を溶かす効果が期待できます。

血栓は寝ている最中に出来やすいため、同様に夜食べておく事で予防効果を発揮してくれます。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪と納豆のまとめ

白髪と納豆のまとめ

納豆を毎日食べる事で、なぜ白髪の改善に効果があるという事を理解して頂けたと思います。
安価な値段でコンビニでも簡単に購入する事が出来る納豆は、単品で食べる事が出来る食材だけに、夜は炭水化物を抜いているという女性でも安心して食べる事が出来ます。

しかし、納豆には残念な事にビタミンCが一切含まれていません。
そのため、ブロッコリーや海苔、青汁等を食事の際に積極的に一緒に取り入れる事をオススメします。

また、納豆を毎日食べ続ければ1ヶ月で髪の毛が黒くなるという事は、髪の毛の生え変わるサイクル上まずありえません。
少なくとも、生え変わりのサイクルである3ヶ月間試してみて、鏡でその成果の有無をチェックしてみると良いでしょう。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。