白髪と清潔感

白髪を隠そうと黒く染める人もいれば、おしゃれのためにあえて染めずにいる人もいます。
いずれにしても生えてきた白髪にどのように対処するかによって、清潔感を出せたり出せなかったりするのです。

清潔感が感じられないと、周りの人にあまり良くない印象を与えてしまう恐れがあります。
そのため、白髪が生えてきても清潔感を維持しておきたい所です。

今回は、白髪から清潔感が失われてしまう原因や、清潔感を出すための白髪への対処法について解説します。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪を放っておくと清潔感がなくなる?

個人差こそありますが、白髪は40代で急激に増える傾向があります。
40代の時に白髪をずっと放っておくと、黒髪と白髪が入り混じったいわゆる「ごま塩」状態になりやすくなります。

「ごま塩」状態になっても気にならないという人もいますが、残念ながら「ごま塩」状態の髪の毛には清潔感を感じない人が多いのです。
「髪の毛に気を遣わない人なのかな」と思われる恐れもあります。

加えて、白髪が黄ばんでくる場合もあります。
この黄ばみも清潔感を損なう原因になり得るのです。

白髪に清潔感を出すための対策

白髪に清潔感を出すための対策

増えてきた白髪を放置しておくのは好ましくありません。
髪も頭皮もケアしておけば、白髪が増えてきても清潔感を出す事は可能です。

このような対策がおすすめ出来ます。

  • 髪を短く切りそろえる
  • 泡タイプやクリームタイプの白髪染めを使う
  • ヘアカラートリートメントで白髪を染める
  • 頭皮ケアや髪のテカリのお手入れをする

また、シャンプーやトリートメントはノンシリコンのものを使いましょう。
そうでないヘアケア用品を使うと、白髪がチリチリになったりゴワついたりする恐れがあり、清潔感を出しづらくなるためです。

40代のうちは白髪を染めよう

白髪を染めないと絶対に清潔感が出ないといった事はありません。
50代、60代の人でおしゃれなグレイヘアを楽しんでいる人もいます。

そういった人たちは、清潔感を維持するために髪や頭皮のケアをしっかりしている傾向にあります。
よって、白髪は清潔感さえあれば、黒染めしなくても周りに好印象を与えられる可能性があるのです。

しかし、40代のうちは白髪染めを行うのをオススメします。
「白髪をあえて染めずにいる事で威厳を出したい」という人もいますが、40代のうちは白髪をそのままにしても威厳を出せる可能性は低いのです。

そのため、よほどの事情がない限り白髪を染めるのをおすすめします。

白髪があっても清潔感を出しておしゃれを楽しむ方法

白髪があっても清潔感を出しておしゃれを楽しむ方法

女性の中には、白髪が増えてもロングヘアを楽しみたいという人がいます。
しかし、何も工夫しないと清潔感に欠けた印象を与えてしまう恐れがあるのです。

ここでは、髪を伸ばしておきたいという人のために、清潔感を出しつつおしゃれを楽しむ方法をご紹介します。
ヘアカラーやメイク、服装にちょっとした工夫をする事で、清潔感とおしゃれ感が両立出来る可能性があるのです。

さらには、白髪を伸ばしっぱなしにしていても、若々しい印象を与える効果も期待出来ます。

白髪を生かした染め方をする

白髪の染め方は黒染めだけではありません。
あえて明るい色に染める事で、おしゃれかつ清潔感のある髪に仕上げられる可能性があるのです。

既に黒く染めてしまっている場合も、美容院に行けばすぐに対処出来ます。
美容師さんに相談して白髪の根元を暗く染め、すでに黒染めした毛先にはハイライトを入れ明るい色にしてもらいましょう。

そうする事で、根元と毛先の色の違いが分かりにくくなるという効果が期待出来るのです。
この施術は髪が黒い部分はそのままにしておき、白髪だけをカラーリングするやり方です。

そのため、おしゃれ染めのような見た目になり、清潔感も維持出来る可能性があります。

メイクや服装に気を付ける

白髪自体のお手入れに気を取られず、メイクや服装に意識を向ける事も大切です。
まずメイクについては、鮮やかな色を取り入れるのをオススメします。

例えば、口紅は真っ赤なカラーを選ぶと顔にインパクトが出て、かつ白髪とマッチした印象になりやすいのです。
服装についても、青やオレンジなどハッキリとした色をトップスに取り入れる事をオススメします。

また、上下にコントラストがあると、より見栄えが良くなる可能性が高くなります。
例えば、セーターやカットソーは黒、スカートやパンツは青という組み合わせにすると、上下の色の違いがハッキリします。

こうしたコントラストのあるファッションは、白髪とマッチしやすい傾向にあるのです。
また、アクセサリーは、パールのイヤリングなど白いものを付けるのをオススメします。

白髪と白い色は相性が良く、清潔感も演出出来る可能性が高いのです。

清潔感が出ない?白髪を染めない場合の注意点

清潔感が出ない白髪を染めない場合の注意点

ここでは白髪を染めない人のための注意点をご紹介します。
白髪を黒染めせずに楽しむ事は可能ですが、そうしようとした時にいくつかデメリットを感じる事があるのです。

それらに注意を払っていないと、おしゃれ感はもちろん清潔感すら出せず「こんなはずではなかった」という事態になってしまう恐れがあります。
そういった事を避けるために、白髪を染めずに過ごすにはどういった点に注意すれば良いかをここで知っておきましょう。

髪が伸びるまで我慢

白髪を染めずに楽しみたいという人で今まで白髪染めをしてきたという人は、染めた部分が生え変わるまで待つ必要があります。
例え、ショートヘアでも、染めた部分が完全になくなるまでには、最低でも半年は掛かる可能性が高いのです。

髪が伸びるのを待つのはなかなか退屈な事ですが、白髪を楽しみたいのであれば我慢しましょう。
また、伸ばしている間もお手入れは欠かせません。

具体的には、こまめに髪をカットしたり、無色のヘアマニキュアでツヤを出したりする事で清潔感が保てる可能性があります。

実年齢より上に見られる恐れがある

人によっては、白髪をそのままにしておく事でかえって若々しく見える事もあります。
しかし、実年齢より上に見られる可能性が高いのも確かです。

白髪が白いままになっている以上、これはやむを得ません。
また、今までずっと白髪染めをしてきた人がカラーリングを急にやめると「そんなに白髪あったっけ?」とまわりの人を驚かせてしまう可能性も高いのです。

人によっては、黒髪の混じった「ごま塩」状態になる事もあります。
しかし、そうなると清潔感に欠けた印象を抱かせてしまう恐れがあります。

こうした周りの反応が気になる場合は、あらかじめ白髪染めをやめる旨を伝えておくのがオススメです。

清潔感が出にくくなる

グレイヘアや真っ白な白髪であれば、清潔感を出せる事が多いのです。
しかし、ごま塩状態であったり、白髪染めした白髪と染めていない白髪が混ざっていたりすると、清潔感がないように見える恐れがあります。

清潔感を保つためには、髪を短く切り揃えたり束ねたりして、出来る限りスッキリした状態を作り出しましょう。
また、白髪の黄ばみ対策も忘れてはなりません。

帽子や日傘で紫外線を避けるなど、日常生活で注意すれば黄ばみを避けられる可能性があります。

白髪と清潔感のまとめ

白髪と清潔感のまとめ

髪のお手入れは清潔感を出す上で重要です。
白髪が増えてきたら、黒く染めてしまう事で清潔感を維持する事が可能です。

しかし、黒染めせずにいる場合も、努力次第で清潔感を出せる可能性があります。
白髪を明るい色に染めておしゃれな雰囲気を出す事でも清潔感に繋がります。

白髪を全く染めないでおきたいという人もいますが、その場合はなおさら清潔感を意識する事が必要です。
こまめにヘアカットに行ったり、黄ばみ対策をしたりと対策しておきましょう。

また、髪自体のお手入れ以外に、メイクや服装の面でも鮮やかな色を取り入れる事で清潔感に繋がる可能性があります。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。