白髪とタバコ

タバコが健康に悪影響を及ぼすというのは、周知の事実ですよね。
30歳を過ぎて、白髪が増え始めたのはタバコせいなのかもしれないと思いつつ、何となく吸い続けてしまっている人も多いはずです。

今回は、そんなタバコと白髪の関係性が気になっている人のために、本当に白髪の発生原因に喫煙が関係しているのかを探ってみました。
禁煙や受動喫煙など、様々な角度からも2つの結びつきを調べてみましたので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

タバコは直接的な白髪の原因ではない

タバコは白髪の直接的な原因というよりも、白髪の発生原因になり得る1つの要因だと考えた方が良いでしょう。
なぜなら、白髪とタバコの研究の多くはまだ解明されていない部分が多く、他の要素が原因に関係している可能性もあるという不確かな段階から抜け出していないからです。

ちなみに、現段階で科学的に証明されている白髪の直接的な原因は、老化による髪の色を作り出す細胞の減少や機能の低下だと言われています。
では次に、タバコによる悪影響がどう白髪の発生に関係する場合があるのかを具体的にご紹介していきましょう。

タバコの健康被害が白髪に影響を与える可能性は高い

タバコには、約200種類以上の有害物質が含まれています。
中でもニコチン・タール・一酸化炭素は、その毒性の強さが様々な研究で認められているのです。

そのため、全身の病気の引き金になる要素が多く、タバコの健康被害によって身体の老化が進む事で結果的に白髪に影響を与える可能性も高くなるでしょう。
実際にタバコは、蓄積すると髪の色を作り出す細胞を傷付けてしまう活性酵素を大量発生させて、老化防止に役立つ抗酸化物質のビタミンCを破壊する働きがあります。

ですから、たとえ白髪の直接的な原因がタバコではないとしても、白髪が気になる人は禁煙をした方が将来的にプラスになるでしょう。

喫煙科学研究財団:喫煙による酸化ストレスと動脈硬化
http://www.srf.or.jp/20nen/pdfs/20nen-data15.pdf(参照2011-11-01)

白髪へのリスクはタバコの煙(受動喫煙)も同じ

自分はタバコを吸っていなくても、生活の中で周りに喫煙者が多い場合には喫煙者と同じように白髪へのリスクは上がります。
むしろ、自分自身で直接タバコから吸う主流煙よりも、人が吐き出した煙である副流煙の方が多くの有害物質が含まれているため危険性は高くなるでしょう。

残念ながら、家族に喫煙者がいる場合は、受動喫煙から逃れるのは非常に難しいと言えます。
そのため、禁煙をお願いをする必要があるかもしれません。

今後の事を考えて、自分に悪影響が及ぶのは嫌だと言う人は、今一度相談をしてみてくださいね。

タバコをやめたら(禁煙したら)白髪は減少する?

タバコをやめたら白髪は減少するのか

一度生えてしまった白髪を黒髪に蘇らせる方法は、現時点で確立されてはいません。
そのため、自分や周囲の人が禁煙をしたからといって白髪の量が減少する事はないでしょう。

ですから、今生えてしまっている白髪は刺激が少なく髪や頭皮にも優しい利尻やルプルプのヘアカラートリートメントを利用して、目立たないようにしてください。
ただし、タバコの煙の悪影響を受ける環境や生活習慣を抜け出せれば、喫煙による健康被害は無くせます。

諦めずに、次にご紹介するタバコをやめる方法を実践してみてくださいね。

白髪への悪影響を避けるためにタバコをやめる4つの方法

タバコは依存性が高いため、禁煙をするためには以下のような準備をすると良いでしょう。

1.禁煙する日を決めて周りに宣言する

タバコをやめようと思っていても、気分が乗らずに禁煙に踏み切れない場合があります。
ですから、禁煙を決意した段階で周囲に「○月×日からタバコは吸いません!」と宣言をして、自分にプレッシャーをかけ、無事に禁煙をスタート出来るようにしましょう。

2.禁断症状のために代替え行動を用意しておく

禁煙を開始して2日~3日ほど経つと、タバコを吸いたいという気持ちが強くなります。
そういった吸いたくて仕方ないという禁断症状は、約2週間ほど続くケースが多いでしょう。

ですから、その思いを紛らわせるための代替え行動を事前に用意しておくと、上手くその期間を乗り切れます。

  • コーヒーを飲む
  • ミントガムを噛む
  • 歯磨きをする
  • 冷たい水で顔を洗う

など、気分が変わるキッカケになりそうなものを、いくつかリストアップしてみてください。

3.休日はタバコを忘れる時間を意識的に作る

平日は仕事に集中していても、休日は時間に余裕が出来るため無意識にタバコについて考える時間が増えてしまいます。
ですから、禁煙を開始した月のお休みは、出来るだけ予定を入れてタバコの事を忘れられるようにしておきましょう。

4.禁煙補助薬を用意しておく

薬局などで購入出来るニコチンガム・パッチを事前に用意しておけば、辛い禁断症状を緩和しやすくなります。
禁煙前には、実際にどの薬を飲むのか決めておくようにしてください。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪とタバコのまとめ

白髪とタバコのまとめ

タバコは白髪の直接的な原因ではありません。
ただし、煙による健康被害の大きさから、白髪が発生する1つの要因になっている可能性は非常に高いと言えるでしょう。

また、タバコを辞めたからと言って今ある白髪を無くす事は出来ません。
しかし、白髪の原因である老化をこれ以上促進しないためにも禁煙は必要だと言えます。

美しい髪を保つためにも、まずは禁煙を開始するための準備をしてタバコをやめられる環境づくりを用意してみてくださいね。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。