白髪と脇

白髪は髪の毛だけに出来るものと勘違いしている人もいますが、頭部以外にも白髪が生えてくる事はあります。
脇にも白髪が生えてくる事はあり、ふと気付くと脇毛の中に白いものが混ざっているという事態は珍しくありません。

髪の毛と違って頻繁に他人の視線に触れる部位ではありませんが、白髪が出来るとショックを感じる事は確かです。
なぜ脇に白髪が出来てしまうのか、その原因と白髪が生えてきた場合の対処法についてチェックしていきましょう。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪は髪の毛だけでなく脇毛としても生えてくる

髪の毛に白髪が生えてくる理由は、メラニン色素の不足です。
メラノサイトという細胞の動きが弱まると、髪を黒くする役割を持つメラニン色素が足りなくなり白髪が生えてきてしまいます。

この白髪が発生するメカニズムは、髪の毛と体毛の間で違いはありません。
脇に白髪が生えてくる理由も、髪の毛と同じメラニン色素不足が原因なのです。

脇の部分に存在するメラノサイトが壊れたり働かなくなったりする事で、本来黒いはずの脇毛が白髪になってしまいます。

脇の白髪が目立ちにくい理由

しかし、脇の白髪は髪の毛の白髪と比べて目立ちにくい印象があります。
その理由は単純で、脇毛が髪の毛より見る機会の少ない場所だからです。

ヘアメイクのために自分の髪の毛を鏡で入念にチェックする事はあっても、自分の脇毛をまじまじと眺める事はまずないでしょう。
他人に見られる機会も少ないので、自分で気付いていない白髪を指摘される確率も低くなります。

また、脇のムダ毛をまとめて処理する事で白髪が短くなり、目立ちにくくなるという面もあるでしょう。
注意深く観察しなければ、産毛だと考えてしまっても無理はありません。

脇に白髪が出来てしまう原因

脇に白髪が出来てしまう理由はメラニン色素不足と前述しました。
メラニン色素不足を引き起こす原因は様々ですが、主にストレスや体調不良、栄養不足や血行不良が考えられます。

脇の白髪を予防したいのであれば、ストレスの少ない生活や髪の毛に必要な栄養素を摂取する食事、血流を改善する運動・マッサージなどを意識する必要があるという事です。
これらのケアは髪の毛の白髪を防ぐ方法と全く同じ内容となっています。

つまり、脇の白髪をケアする事は、髪の毛の白髪をケアする事にも繋がるのです。

脇のムダ毛は髪の毛より白髪になりにくい?

しかし、脇のムダ毛は髪の毛と比べて、白髪になりにくい印象があります。
なぜ髪の毛より脇のムダ毛が白髪になりにくいかと言えば、皮膚に受ける刺激が少ない点が挙げられるでしょう。

髪の毛は紫外線を浴びる機会が多いですし、シャンプーでごしごし洗う事で強い刺激を受ける事もあります。
また、脇の下には太い血管が通っているので、白髪に影響するレベルの血行不良が起きにくいという面もあるでしょう。

実際、白髪が出来る順番は脇の下よりも髪の毛の方が早いと言われています。

脇毛の白髪の対処法

脇毛の白髪の対処法

食生活改善や睡眠の質の向上など、脇の白髪を予防するケアや出来た白髪を黒い毛に戻すためのケアは大切です。
しかし、既に脇毛の白髪が目立つ状態である場合、生えている白髪そのものに対処しないわけにはいきません。

人に見られる事は少ないですが、プールや温泉などでは気付かれる可能性が十分あるからです。
夏の季節には脇の部分が見えるノースリーブの洋服を着る事もあるでしょう。

そのため、正しい脇毛の白髪の対処法を知っておく必要があります。

脇毛の白髪は抜いてはいけない

脇毛の白髪はピンセットなどで抜いて対処しているという人は多いですが、オススメ出来ません。
力ずくで白髪を抜く事により、毛根や皮膚にダメージを与えてしまうからです。

毛穴から出血したり、炎症を起こして見た目がかなり悪くなってしまうケースもあります。
最悪のケースとしては白髪を抜いた部分から菌が入り込み、想像以上に腫れてしまうという事も考えなければなりません。

毛が皮膚内で伸びてしまう埋没毛が発生する可能性も考慮に入れると、脇毛の白髪を抜く事は避けた方が無難です。

髪の毛と同じケアで対処しよう

脇毛の白髪は抜くのではなく、髪の毛と同じケアで対処しましょう。
白髪染めを使って黒く染めれば、白髪だと気付かれにくくなります。

ただし、脇の下の皮膚にダメージを与えて肌荒れを起こしてしまわないよう、使う白髪染めの種類には注意が必要です。
白髪染めトリートメントなど肌への負担が少ないものを選びましょう。

また、白髪を短くカットしてしまうのも手軽な対処法です。
脇のムダ毛を全て処理しても問題ないのであれば、カミソリで剃ってしまう事も出来ます。

チクチク感が気になるのであれば、毛先を自然な仕上がりに出来る脇毛用のヘアトリマーなどを使う事で対処可能です。

ニードル脱毛で脇毛の白髪を脱毛する

脇に生えてきた白髪に対処する方法として、永久脱毛してしまうという手段もあります。
ただし、美容サロンなどで行う光脱毛はメラニン色素を反応させて処理する方式なので、そのままではメラニン色素不足である白髪に対応する事が出来ません。

美容クリニックなどで施術を受けられるニードル脱毛を選択する必要があるでしょう。
ニードル脱毛は、毛穴に絶縁針を入れて電気を流す脱毛方式です。

数ある脱毛方法の中でも確実性が高い方法であるため、しっかり白髪を脱毛する事が出来ます。
その代わり、施術の痛みがかなり強いので、脱毛する際にはある程度の覚悟が必要です。

施術の痛みというデメリットを頭に入れた上で活用するかどうかを決めてください。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

脇の白髪まとめ

脇の白髪まとめ

髪の毛だけでなく脇の部分にも白髪が生えてくる事はあります。
白髪が出来る原因は髪の毛と同じく、メラニン色素の不足です。

ストレスや血行不良などが原因でメラニン色素が少なくなり、白髪のまま体毛が成長してしまいます。
そのため、髪の毛の白髪に有効なケアを行えば、同時に脇の白髪のケアをする事が可能です。

脇に生えている白髪は無理やり抜かず、白髪染めトリートメントやカット・シェービングで対処しましょう。
施術の際の痛みはありますが、ニードル脱毛で白髪を永久脱毛してしまうという方法もあります。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。